ポイント3つ!28デザインワークスがWebサイトリニューアル

2015.01.08 Thursday

0
    28デザインワークスの Web サイト

    先週末から取りかかったのですが、28デザインワークスの Web サイトをリニューアルしました。
    昨年は殆んど更新できなかったので、ちょっと大がかりな作業をするタイミングを探っていたのですが、結局年始になってしまいました。

    今回のリニューアルは
     
    1. 文字の変更
    2. メニューの変更
    3. ヘッダーの変更

    が目的です。

    1)文字の変更
    タイトルにしろ文章にしろ、これはスマホやタブレットを意識してのことです。
    完全に対応させようと思うと、レイアウトも触らないと無理なので、文字の見やすさだけ意識します。

    Google のウェブマスターツールにある『モバイルユーザビリティ』でも、殆んどのページが
     
    • ビューポートが設定されていません
    • フォントサイズが小です
    • タップ要素同士が近すぎます
    • コンテンツのサイズがビューポートに対応してません

    と指摘されましたし^^;
    要は「レスポンシブに対応しろ」ということですよね。

    前回(2013年 9月)にリニューアルした際も、文字サイズや行間など文字に関して調整したのですが、最近はさらに Web サイトを表示させるデバイス(端末)が多様化しましたので、使い勝手に対応することにしました。

    具体的にはサイズを大きくしたのと、見栄えも意識してフォントも指定しています。
    文字が小さいと、スマホなど小さい端末で読みにくいのと、タップしにくいですよね。
    それを避けました。

    フォント指定は、偶然、どんな OS・ブラウザでも美しく日本語を表示させることを考えた記事を見つけましたので参考にしました。

    → CSS でのフォント指定について考える(2014年)

    今まではカンタン&シンプルに、どんな環境でも軽く表示されるようにしたかったので、フォントは指定せず、ブラウザー標準のフォントで表示するようにしていました。

    またメニューなど、クリック(タップ)できるところが並ぶ箇所は、間隔を広げてタップしやすさを意識しました。

    2)メニューの変更
    メニューはページ構成を見直して、適切な名前とか考え直しました。
    でも、殆んど変わらず 1ページだけ減らしました。

    また、以前は画像でメニューボタンを作ってましたが、今回はテキストにしました。
    1)の『文字の変更』に準じて考えてます。

    3)ヘッダーの変更
    「ヘッダー画像が小さい」「見劣るなぁ」と感じていたので『今風』『インパクト』を意識して変更しました。

    最近、ヘッダー画像が大きかったり、横方向に広い Web サイトが増えてますよね。

    1ページで完結する Web サイトやパララックスを使った Web サイトが増えたので、そう感じるのかもしれませんが、クールな大きい画像が目に飛び込んでくるのは、印象に残りやすかったり、インパクトを与えるのにイイかなと思ってました。

    海外でも『ヒーローヘッダーの Web サイト』といって流行ってきてるようですし。

    『HEADER  LOVE』なんていう、ヒーローヘッダーの Web サイトを集めた Web サイトもありますよ。

    → HEADER  LOVE

    ヒーローヘッダーなんて言ってますが、実は殆んどが背景画像ですよ。ヘッダー画像じゃないですコレ^^

    大きい背景画像の前にタイトルやメニューボタンを配置してる構造なんです。
    また、殆んどがスマホやタブレットに対応したレスポンシブな Web サイトです。

    ということで、28デザインワークスも真似してみました。

    今回、ヘッダーとメニューが主なリニューアルで、コンテンツ部分は殆んど触ってませんので、極端にブラウザの窓を小さくすると、表示の見栄えが悪くなるかもしれませんが。

    完全にレスポンシブな Web サイトには追々していきます。
    レイアウトを作り直す時間が必要なので^^;

    意外と「問題かな?」と思ったのは、背景画像のサイズでして、3K や 4K サイズの画像はいくら圧縮しても(劣化させても)、イマイチ小さいサイズにならなかったことです。

    200KB 以下のサイズにして、Webサイトの表示スピードが遅くならないようにしたかったのですが、大きいものですと 300KB くらいあります。
    遅い回線で Web サイトを閲覧してる場合は、イライラするかもしれませんよね(汗

    今回のリニューアルは 3点だったせいか予定より早く完了しました(4〜5日くらい)。

    でも、本来 Web サイトはコマメに見栄えや内容、SEO 的にも見直して修正するのがオススメですよ。
    流行りがあったり、新しい技術がドンドン出てきますからね。


    → 28デザインワークスに戻る

    デザイン制作コンセプトが大切!リンク珈琲Yahoo!ショッピングの場合

    2014.01.15 Wednesday

    0
      リンク珈琲

      先週、作らせていただいていた Yahoo!ショッピングのサイトがオープンしました。

      → リンク珈琲

      会社のホームページでも今回のようなショッピングサイトでも言えるんですが、雰囲気のある画像やコピーの制作に、毎回悩み、時間がかかりますね。売上にも関係しますし。

      よく考えて作っているつもりですが、リンク珈琲さんが Yahoo!ショッピングを始める理由は『売上の UP』ですから、良いのが浮かべばすぐ差替えというスタンスです。

      今回の Yahoo!ショッピングは用意してあるレイアウトを使うため、そこはあまり考えなくてよかったので、納期短縮になりました。

      今回とくに制作・デザイン面で気をつけたり心がけていたのは

      ・見やすく
      ・店名・ロゴを覚えてもらう
      ・既存のコーヒー取扱い店とは違う感じ
      ・ショップ・ショップオーナーの雰囲気が伝わるように

      といったことです。

      解説すると、

      見やすく
      『シンプル』に見せるとか、『ドコに探してる情報があるのか』、分かりやすいように心がけました。

      楽天や Yahoo!ショッピングでは、極端に下に長いページを見かけるのですが、知りたい情報を探す範囲が広くて使いにくいと思ってましたので、これは避けました。

      中には商品名にキーワードを詰めすぎて、何だか分からない商品になってる例も見かけますので、こういう風にならないようにしました。

      あと、28デザインワークス(デザイン屋)の制作ですので、ちょっと垢抜けた感じを狙ってます。
      とくに楽天のサイトって「コテコテだなぁ」って思いませんか?^^;

      様々な楽天や Yahoo!ショッピングを見て検討したのですが、背景画像を白色(#FFFFFF)にしているお店が多いと思いましたので、差別化の意味も含めて、リンク珈琲の Yahoo!ショッピングサイトは、リンク珈琲の Tumblr・BASE のサイトと同様に木目の背景を採用しています。

      背景を白色にするは、文章を読ませる意図があったり、制作が楽といった理由があると思うのですが、なぜ白背景が多いのか?他に何か理由があるのか?謎のままです^^;

      店名・ロゴを覚えてもらう
      リンク珈琲は実店舗の営業が長いものの、まだまだネット上では知られていないお店なので、認知度が上がるよう、サイトを見た人の印象に残るように、ロゴマークを大きめに露出させるようにしました。

      既存のコーヒー取扱い店とは違う感じ
      配色でコーヒーを取り扱っているお店と感じてもらえるようにしました。

      また、コーヒーを扱ったサイトというと、コーヒー豆とかコーヒーカップがイメージ画像に使われているのをよく見ましたので、安易にこういう画像は使わないようにしました。
      差別化もありますし、安直というかベタな感じもしたので。

      使う場合は、使ってる意味が解る・伝わるものにしよう思ってました。
      最終的にはお店のコンセプトを紹介するオリジナルのページに、下記の画像を使ったんですけどね。

      お店のコンセプトの画像

      この画像は種類の違うコーヒーカップ(ガブガブ飲む人・上品にたしなむ人・子供などイメージ)と、ブラックコーヒーとミルクの入ったコーヒー(味の好みの違い)で、
      『老若男女、子供から大人まで楽しめるコーヒーがあります』
      『味の好みにも対応できます』
      ってことを表現しています。

      ショップ・ショップオーナーの雰囲気が伝わるように
      今回のリンク珈琲さんの場合は、機械まかせで大量生産している商品を扱っているお店ではないので、コダワッている・手作り・職人といったことが伝わるように、画像・コピーの制作に心がけました。

      何回も実店舗に伺ってますが、リンク珈琲さんはスーパーとかショッピングセンターのような、単純な明るい感じではないんです。

      リンク珈琲さんは商品を綺麗に並べて販売してるだけのお店ではなく、メカニカルな焙煎機が鎮座する『焙煎室』があるのが最大の特徴で、焙煎前の生豆も在庫してますし、焙煎したてのコーヒー豆も店内の目立つところにあります。

      コーヒー豆を作っている場所と、販売している場所が隣り合わせなんですよ。

      実店舗の雰囲気にも合うように、チョット暗めのダークなトーンで、渋さやカリスマ性をイメージしています。
      (照明が暗いとか、怖い店員がいるといったことではありませんよ^^;)

      安いものを探してるお客さんよりは、味にコダワッてる人とか、リンク珈琲に興味ある人、ホントにコーヒーが好きなお客さんが買い物してくれると嬉しいですねぇ。

      実店舗ではオーナーさんが親切に対応してくれますよ。

      → リンク珈琲のタンブラー

      → 28デザインワークスに戻る

      初心者でも爆速?意外と早かったYahoo!ショッピングの開設まで

      2014.01.10 Friday

      0
        Yahoo!ショッピング

        先日、作らせていただいていた Yahoo!ショッピングのサイトがオープンしました。

        → リンク珈琲

        先月から作っていたのですが、年明けにサイトが完成して Yahoo!さんにオープン申請すると、翌日には修正箇所の連絡が来て、それを直すとすぐオープンできました。

        オープンの審査には 2週間くらいかかると思っていたので拍子抜けです。
        お客さまにとっては売上に関係しますし、「審査に時間かかるだろう」と思って、急ぎ目で制作してたんですよ。

        2月、3月にはオープンして様子をみて(アクセスの傾向やデータをとって修正して)春には、不具合なく万全の体制で運営できたらいいなぁ〜と思ってました。

        楽天から Yahoo!ショッピングに乗り換えてる人が多く、オープン申請は多く混んでいるだろうなぁと予想してたんですが、Yahoo! さんって仕事はやいのかな?

        Yahoo!ショッピングのサイト制作は、Yahoo! さんで用意している『ストアエディター』で作るわけですが、用意しておいた文章や画像を、ひな形にはめ込んでいくような感じですので、特別 html や css の知識はいらず、手軽に作れますね。

        入力するのに文字数制限のある箇所もあるのが、悩ましいです。

        レイアウトのひな形も、トップページとか商品ページとか、ページの種類別に数点用意してあります。

        でも、タグの意味は知っていたほうがイイですし、アップした画像の URL を調べたり、画像のサイズ決めるスキル(ここのエリアの横幅いくつ?とか)は必要です。

        『ドコを触ったらドコが反映される』といったことを覚えるのが、Yahoo!ショッピングの制作に慣れるコツです。

        また、サイト制作に関して FAQ も用意してあるので、それを上手く使いこなすのも、早くサイトを完成させるコツです。

        Yahoo!さんは、サイト制作の手順を紹介した『チェックリスト』を PDF で用意してくれてるので、これがとても参考になりました。
        コレに従って制作すれば、Yahoo!ショッピングのサイトは短時間で完成します。

        私は制作途中で入手したので、少し 2度手間になりました。
        このチェックリストがないと、どこから手を付けていいのかも分からないです(特に初心者は)。

        サイトを完成させ、ショップオープンの申請をすると、修正箇所の連絡がくるわけですが、指摘されたのは送料案内の書き方と、カード決済の場合の入力フィールドの設定に関しての 2点だけでした。

        送料案内の書き方は、さらに細かく明記すれば OK というもので、「些細なトラブルも避けるためだろうなぁ」と思うものでした。
        これは簡単に修正できます。

        カード決済の場合の入力フィールドの設定は、「カードの名義や有効期限を記入する欄(フィールド)など入力欄は多いほうがいいですよ」というものでした。

        実はこの指摘を受けて初めてカード決済の場合の設定ページををみました^^;

        デフォルトでは、カードの名義も有効期限の入力欄も『なし』になってます。
        これも入力欄を有効(アクティブ)にすれば OK で、修正は簡単でした。

        修正したことを連絡すると、すぐオープンできましたよ。
        Yahoo! さん仕事はやいですね^^


        → 28デザインワークスに戻る

        黄金比って便利!画像サイズはコレで決まり

        2013.12.27 Friday

        0
          黄金比

          ホームページを作ってるときに「画像のサイズ(縦×横)をいくつにしようか?」ってこと、よくあります。

          画像のサイズは流行りは多少あるものの、『決まり』ってないですもんね^^;

          作り始めて初期の段階に決めてしまえば、あとは同じサイズだったり、同じ縦横比で大きいのや小さいのを作ることになると思います。

          更新頻度の高いページの画像は、単純にカメラで撮ったサイズの縦横比で、縮小して使うこともあります。
          これは更新の手間を少なくするためにですね。

          でも、ヘッダー画像やバナー画像は中々サイズが決まりません。

          何種類かダミーの画像を用意して、見た目の美しさや使いやすさ、違和感など検討することが多いです。
          特に指示やリクエストがあれば別ですけど。

          そういうとき、私は黄金比や白銀比などを使います。
          黄金比や白銀比は、人が美しいと感じやすい縦×横の比率です。

          身の回りのモノですと、キャッシュカードとかノートや手帳は、こういった縦×横の比率が当てはまるモノが多いです。

          ロゴマークのデザインやホームページのレイアウトにも応用する人いるんですよ。
          Apple社のロゴマークや絵画のモナリザも、黄金比が当てはまります。

          黄金比の応用例
          → Golden Ratio in logo designs.

          私がよく使う比率は
          ・黄金比(第1貴金属比)1:1.618
          ・白銀比(大和比)1:1.414
          ・白銀比(第2貴金属比)1:2.414
          ・青銅比(第一貴金属比)1:3.303
          です。

          ホームページの画像サイズって、無意味そうに見えたり、「適当に決めてんだろ」って思っている人もいるかもしれませんが、私の場合は、ボタンの画像でも商品説明の画像でも、『美しく見られやすい』とか、何かしらの理由があるんですよ。

          黄金比や白銀比は様々なモノに応用できるので、デザインやレイアウトで迷ったときは活用してみるとイイですよ^^


          → 28デザインワークスに戻る

          JimdoとかWixって初心者でも簡単?ホームページ制作は奥が深いですぜ

          2013.10.09 Wednesday

          0
            ホームページ制作は奥が深い

            世間には、オーサリングソフトじゃないんだけど『ホームページを簡単に作る』とか、『プログラミングの知識不要でホームページができる』って謳ってるツールありますよねぇ。

            Jimdo とか Wix が代表的かな。

            私も「中々イイかな?」と思うものの、自分のサイトを簡単に作るなら Tumblr をカスタマイズするでしょうねぇ。
            Tumblr は html で編集ができて、カスタマイズの自由度が高いのが良いです。

            コレができない人が Jimdo とか Wix を使うんでしょうねぇ、きっと。

            「ホームページを WEB 制作会社や、ウチみたいなデザイン屋さんに制作依頼するのと、Jimdo や Wix などのツールを使うのと、どっちがイイの?」って相談されたことがありました。

            結論は、お客さん次第ってことなんですよ。

            誰かも言ってた(書いてた)かもしれませんが、ホームページの制作を食事に例えると、WEB 制作会社や、ウチみたいなデザイン屋さんに依頼するというのは、レストランでお金を払って上手く調理された料理を食べるということで、自分で Jimdo や Wix などを使うということは、調理器具と料理の材料を渡されて、自分で調理して食べる!みたいなことです。

            自分で調理すれば、自己満足の料理はできると思います。
            でも、自分で調理して、レストランのシェフと同等の料理を作れる人は、滅多にいないと思います。

            または(ロボットアニメの)ガンダムの模型製作に例えると、WEB 制作会社や、ウチみたいなデザイン屋さんに製作依頼するというのは、何もないとこから資料を用意したりして、0(ゼロ)からガンダムを作るということで、カスタマイズして形状の似たジムや、まったく形状の違うガンタンクも、資料を用意したり、改造することで製作可能です。

            自分で Jimdo や Wix などを使うということは、既存のガンダムのプラモデルを買ってきて、自分で組立て製作するということです。
            カスタマイズして形状の似たジムや、まったく形状の違うガンタンクの製作は困難です。
            その場合は、ジムやガンタンクのプラモデルを用意することになるでしょう。

            なんとなく伝わるでしょうか?(汗

            お客さんがドコまで触れるか(スキルがあるか)っていうことが問題になってくるんです。

            Jimdo や Wix などを使ってホームページを作るにしても、ホームページやインターネットのことに疎い人が作るのと、WEB 制作会社や、ウチみたいなデザイン屋さんが作るのとでは、完成度や完成までのスピードに差がでます。

            また、WEB 制作会社や、ウチみたいなデザイン屋さんに制作依頼した場合は、サポートやフォローが直接得られるという利点があります。

            あと、ホームページやインターネットのことに疎い人では、運営や更新も上手くできるのか疑問ですね。
            間違ったことをしてても気がつかなかったり、自己中なことをしている可能性もあります。

            一般の人が「コレはカッコイイ」「イケてる、クールだ」と思ってやってることでも、専門家がみると NG なことは多々あります。

            Jimdo や Wix に限らずブログサービスなども該当するんですが、無料のサーバーを使うとなると、アップした画像は劣化することが殆どだということも知っておくとイイと思います。

            ギャラリーページなどで、綺麗な画像を大きなサイズで表示させるのが難しかったり、劣化を考慮した画像作りが必要になるということです。

            Jimdo や Wix などを使うとなると、お客さん自身がドコまで触れるか(スキルがあるか)、ホームページを持つ目的は何なのか?もう一度考えてみるとイイと思います。

            私の場合、お客様の予算や目的、作りたいホームページの規模、今後の展開なども考えて、制作方法の提案をしていますよ。


            → 28デザインワークスに戻る

            とうとうHTML5にチェンジ!ホームページのリニューアル完了

            2013.09.17 Tuesday

            0
              ホームページのリニューアル完了

              先週から当店のホームページを使いやすく、見やすくするため、リニューアル作業を始めてました。

              構成から見なおしてるので、追加したページもありますし削除となったページもあります。タイトルが変更になったページもあります。

              情報が探しやすくなって、当店のことを知ってもらえるとイイですねぇ。

              今回もコンセプトはシンプルなミニマムデザインなんですが、もっと見てもらえるように試行錯誤しています。

              また制作側の初めての試みとして

              ・HTML5 の採用
              ・基本的に Win機での制作
              ・StyleNote5(HTML/CSS エディタ)を使う

              ということをしています。

              コーディング作業は下記のことを意識していて、インデントやファイルの名前のつけ方も考えなおしました。
              ネットなどで紹介されてる数社の『コーディングのガイドライン』も参考にしました。

              ・綺麗で見やすい(更新しやすい)
              ・正確な文法
              ・動作が軽い

              HTML5 には興味あったのですが、とうとう使ってみました。
              勉強不足の状態で取りかかったため、一時挫折しそうでしたが、何とか形になりそうです。
              もう HTML4 は使わないかも(汗

              HTML5 で標準的な要素(セクションとコンテンツの分類)で作っています。
              今のところ唯一、スライドショーの部分のみ独自の div 名を使いました。
              でも今後、もっと変わったスライドショーに変更するかもね。

              基本的に Win 機での制作にしたのは、最近、素材や画像(特に Raw で撮影したもの)が、Win 機にストックされることが増えたのが大きな理由です。

              Fireworks というグラフィックソフトが Mac にしか入れてないので、多少 Win ←→ Mac の操作は出てくるんですけどね。


              今では Old Mac では開かないデータもありますし、色のチェックが Win 機のほうが安心という制作環境になってきたのもあります。

              HTML/CSS エディタなんですが、無料で今風のものが使いたいなぁと思いまして、Win 機で使えるものを探しました。

              有料だったり Mac 版だったらイロイロおすすめを知っているのですが、ググった結果 StyleNote5 にたどり着きました。

              最新版はベータ版なんですが、問題なしと言っていいでしょう(初日に保存されてないことがありましたが)。
              使い勝手もイイです。

              自分たちのホームページ制作は、普段の合間にしか作業をしないので、大幅に完成が早まることはないのですが、コツコツ作業を続けて完成にたどり着きました。

              作業効率を上げるコツですが、計画立てて構成を考え、素材を用意しておいてから、文章部分の制作→画像配置って感じで、まとめて作業するとイイかも。

              ヘッダー・メニュー・フッターはページの共通部分で使いまわすため、早めに作っておくのがイイです。

              色んな作業をチョットづつ進めてると効率わるくて、作業捗らない感じしますね。


              最近のホームページ/ブログ用ボタンのデザイン

              2013.05.27 Monday

              0
                ホームページ/ブログ用ボタンのデザイン

                当店のホームページをチョット見なおし作業してました。

                で今回は、ショッピングページの中の、購入フォームにジャンプするボタンと、ダウンロードするボタンを作り直すことにしました。

                ちょっと今どきな感じじゃないっていうか、見劣りするっていうか、デザインが古くなってたんですよね。

                これは、2年前のリニューアル時に Apple社のボタンを参考にして作って、そのままだったのですが、確認したところ、Apple社もいつの間にかデザイン変更してました。さすがApple社ですね。

                そして今回も Apple社のボタンを参考に作りなおしました^^

                とくに広告につながってるボタンなんかは、ジャンプ先が変わらなくてもボタンのデザインって替えていかないと、クリック率に影響したりするんですよ。

                最近のボタンって、チョット角丸でチョット微妙(ハッキリしない)なグラデーションが、今どきな感じですね。

                グラデーションや影って、無くてもおかしくないです。

                増えてきてるフラットデザインの影響か?ハッキリとしたグラデーションや、ツヤツヤ感の鏡っぽい映り込みのボタンは古く感じますよ。

                ホームページのデザインって流れが早いですから、ついていこうと思うとマメに見直しするのがオススメです。


                Retinaディスプレイ対策考えとった

                2012.12.17 Monday

                0
                  Retinaディスプレイ対策考えとった
                  PHOTO by Yutaka Tsutano(cc)

                  Mac には『Retina ディスプレイ』というのを採用した製品があります。

                  Macbook Pro、iPad、iPhone の一部なんですが、今後ふえてくるかもしれません。

                  Retina ディスプレイを使っているかたによると、表示はとても綺麗で、今までのディスプレイには戻れないそうです。

                  また、Retina ディスプレイ用に作ってない画像は、表示が汚くガックリくるそうです。

                  私も、Retina ディスプレイを採用した Macbook Pro が発売されてすぐ、お店に確認しに行ったのですが、確かにジャギーが目立たず綺麗でした。

                  「もっと綺麗な画像を作らなきゃいかんなぁ」思ったのですが、例えば当店のホームページの場合、具体的にどの画像を作りなおしたらイイのか?、確認のため、先週末、再びお店に行って確認してきました。

                  まずは iPad の Retina ディスプレイ採用モデルと、一般的なディスプレイの iPad mini を左右に置き、中に入っている同じ画像を表示させて比べてみました。

                  Retina ディスプレイ採用モデルの方が濃く表示される部分があったりして、色が豊富な感じしますね。

                  次は、当店のホームページを表示させて見比べてみました。

                  数カ所ですが、Retina ディスプレイ採用モデルで見ると、モヤッとした画像がありました。

                  よく考えると、gif 画像にその傾向がみられます。

                  で、帰ってきて今後、素材作りはどうしていこうかとテスト素材を作りながら考えていました。

                  最近はブラウザーが進化したので、png 画像をホームページで表示させる人も多いのですが、当店としてはまだまだ低いバージョンの IE などに対応したいので png 画像は見送ります。

                  gif 画像は綺麗にしたくても、色数が少なくてなかなか綺麗にならないので、使わないようにしようかと。

                  1色しか使ってないような gif 画像でも、Retina ディスプレイで見ると見劣りする画像がありましたので、単色のロゴや文字でも、画像にするときは jpg で圧縮度を調整して作ろうと思います。

                  つまり当店でホームページを作る場合、画像はすべて jpg 画像にするということです。

                  当店のホームページは都合のイイときに直していくとして、お客さんのは今まで以上に気を使います。

                  Retina ディスプレイ対策は、解像度の普通の画像と高い画像を用意しておいて、ホームページ側で閲覧者の使う端末を判断して、自動的にマッチした画像を表示させる方法や、今までの倍の大きさの画像を用意し、html のタグで小さく表示させるようにして、綺麗に見せる方法とかイロイロあるのですが、そういうのも考えていかなきゃいけませんね。


                  以前は良かったことが今はダメってことありますよね

                  2012.07.13 Friday

                  0
                    ホームーページの見直し作業

                    依頼があって、3年前に作らせていただいたホームーページの画像の差し替えをしました。

                    同時に、チョット今風に見えるよう、デザインの見直しをしました。

                    ホームページって作ってるときは『良し』とした箇所でも、時間が経ってから見直すと、直したいところが出てくるもんです。

                    全く更新がされてなかったホームページなので、新鮮味が無くなってますしね。

                    メイン作業の画像差し替えをして、デザインの見直しでピックアップした箇所の中から、料金に影響しないような箇所もイジリました。

                    見た目は変化ないんですが、一部 CSS の書き換えもしました。

                    ホームページって流行りのデザインがあるし、技術の進歩もあるので、半年に 1度くらいは見た目や構造のチェックをしたいですね。


                    ホームページのバックアップも忘れずに

                    2012.06.27 Wednesday

                    0
                       ホームページのバックアップは大事だよ

                      先週の 20日、ファーストサーバ社がシステム障害を起こして大変なことになっていますね。


                      どうやら、大量のホームページのバックアップデータも失われたようで、最新状態に復活できないようです。

                      困っているお客さんも多いでしょう。

                      よくあるホームページの契約って、新規にホームページを作ってもらい更新も依頼してサーバーも借りてる場合や、サーバーだけ借りてる場合や、色々だと思いますが、お客さんが仕組みを理解していたのか、危機管理できていたのか?チョイ疑問です。

                      ホームページを作ってもらった人って、手元に自分のホームページデータを持ってない人って多いんじゃないかな?

                      当店でホームページを作ってもらったり、更新の依頼をしてるお客さんの場合は、サーバー屋さんがトラブっても、お客さんのホームページデータは最新版が常に当店のハードディスクに保管されてますので、最新版に戻すことが可能です。

                      お客さんのホームページを更新する場合は、直接サーバーにアクセスして(サーバー内のファイルを)書き換えるのではなく、パソコンで作ったデータをファイルごとサーバーにアップロードしていますし。

                      サーバー屋さんも当店もバックアップしているので、合計 4箇所に同じデータがあることになります。

                      直接サーバーにアクセスして(サーバー内のデータを)書き換えてる場合は、サーバー内のデータが最新版になりますので、それをダウンロードして自分の手元で保管してないと、サーバーがトラブったとき困りますよ。

                      バックアップは大事ですので、他人(サーバー屋さん)任せだと心配ですね。