写真のブレ対策!SIGMA DP3 MerrillにカスタムLブラケットいいかも

2015.02.03 Tuesday

0
    SUNWAYFOTO社のPML-DP カスタムLブラケットを装着したSIGMA DP3 Merrill

    毎日 SIGMA DP3 Merrill を使っているのですが、室内の暗い場所での撮影が多く「もっとブレないように撮れないものか」と考えていたんですよ。
    三脚を使っていても油断ならないです(汗

    3way の雲台の三脚を使ってますので、縦で撮る場合は横の状態から 90度回転させて使うのですが、三脚のセンターとカメラのセンターがズレるのが気になるんですよ。

    で、手持ちのときはカメラの構え方を見直したりしてマシになったのですが、三脚のパーツを探しているとき、偶然、グリップの付いたブラケットでクイックリリース・プレートになるものを見つけたんですよ。

    SUNWAYFOTO社の PML-DP カスタムLブラケットです。

    初めて見ましたが、DP1〜3 Merrill 専用だったので、即買いました。
    在庫がなくなったら販売終了の気がしますし^^

    SUNWAYFOTO社のPML-DP カスタムLブラケットのパッケージ

    取り寄せてみましたら、結構高級感演出してますね。
    箱を開けると、部品の形にくり抜いたスポンジウレタンの中に収まっています。

    SUNWAYFOTO社の PML-DP カスタムLブラケット

    部品はアルミの削り出しで、表面はツヤ消し黒色のアルマイト仕上げです。
    精度も品質も高いです。

    愛用の DP3 Merrill に取り付けみましたら、さらに重厚感が増しました。
    重みもズッシリです。
    90g なんですけどね。
     
    • グリップの使い心地はどうか?
    • 三脚で縦にして使うとき、三脚のセンターとカメラのセンターがズレないので、安定してブレもなくなるか?

    しばらく使ってみて様子みます。


    → 28デザインワークスに戻る

    厳選!PCでInstagram風の写真を作るお薦めのアプリ

    2014.08.28 Thursday

    0
      PicMonkeyで加工した写真

      Instagram ってアプリありますよね。
      スマホで撮った写真に、フィルターで加工したものをネット上にアップして、SNS などで共有して楽しむってアプリ。

      流行ってるというか、一気に利用者増えましたよね。

      色んなフィルターやフレームがあって、自分好みの写真が作れてイイですよね。オシャレ感もありますし。
      「正方形のフォーマットっていうのも珍しくて、ウケたのかなぁ?」と思っています。

      私は、Instagram のようなエフェクトを、何気ない写真・退屈な感じの写真・変哲もない写真に使ってます。

      Facebook も、綺麗な写真をアップしても必ず劣化するので、Instagram風に加工した写真を掲載しています。

      Instagram によく似たアプリは多数あるんですが、加工後の写真の雰囲気は Instagram が抜けて良い感じがします。

      ネット上にアップするまでの一連の作業も、やりやすいのかな?
      (私は使ってないのでイマイチ分からないんですが)

      ただ、チョット不便なことに、加工した写真はスマホの中に保存できないんじゃ?
      当たり前ですが、スマホを持ってないかたは使えませんし。

      「スマホ持ってなくて Instagram みたいな写真作りたいけど、どうすれば?」っていうかたいませんか?
      イイのがあるんですよ。

      PC や Mac といったデスクトップ上でも、Instagram みたいな写真は作れるんです。
      フォーマットも正方形に限りませんので、使い道は広がると思います。

      私は iPhone と PC で Instagram みたいな写真をつくるアプリを色々使ってきたんですが、現在、PC で使っている(要は生き残った)アプリを紹介しましょう。
      (おかげで iPhone の中には、似たような画像加工アプリがたくさんあります^^;)

      フィルターやフレームの種類がたくさんあるものや、詳細に加工具合が調整できるものなど、色々使ったのですが、最終的には 2つしか使っていません。

      Pixlr-o-matic と PicMonkey です。

      Pixlr-o-matic
      無料で iPhone や Android版もあるのですが、PC版ってことです。

      ググれば、サイトやダウンロードできるページがいくつかでてきます。
      アプリは英語表記ですが、直感的に操作できると思います。

      Pixlr-o-matic

      アプリを立ち上げて、画面中央にある『computer』をクリックすれば、加工したい画像を選ぶウィンドウが開いて、加工開始です。

      PicMonkey
      ブラウザ上で操作します。

      → PicMonkey

      こちらも英語表記ですが、直感的に操作できると思います。
      一部のフィルターや機能は有料です。
      (登録して使うんだと思いますが、私は無料部分でしか使っていません。)

      PicMonkey

      画面上部にあるメニューの『Edit』をクリックすれば、加工したい画像を選ぶウィンドウが開いて、加工開始です。

      Pixlr-o-matic と PicMonkey があれば Instagram みたいな写真を作るのに困らないでしょう。
      PicMonkey はもうチョット変わった(凝った)加工もできますし。

      私は Adobe の Photoshop も使ってますので、サイズやシャープさなんかは、こちらを使ってますけどね。

      Instagram みたいな写真づくりを諦めていたかた、いま使っているアプリのフィルター(エフェクト)の具合に不満があるかたは、Pixlr-o-matic と PicMonkey を試してみてはどうでしょう?

      一番上の、ひまわりの写真も PicMonkey で加工したものです。
      何気ない写真・退屈な感じの写真・変哲もない写真に、見応えが出てきますよ。

      オススメです^^

      → 28デザインワークスに戻る

      冷や汗必至!SIGMA DP3 Merrillの電池は複数用意がオススメ

      2014.08.27 Wednesday

      0
        SIGMA DP3 Merrillの電池

        SIGMA DP3 Merrill を購入して 3ヶ月あまり経ちました。

        不具合ないですね。
        ブレやすく、手持ちでは難しいですが、ピントがバッチリ決まると、立体的な良い写真が撮れます。

        写りは大満足です。

        でも、仕事で毎日使っているのですが、どうにも(評判通り)電池の減りが早いです(汗

        購入時に 2つ付属していましたが、撮影中に不安になること数回。

        1日に数箇所撮影に行くこともありますので、買い足しました。

        今では、電池は 5つになりましたよ^^;

        Merrill を使っている人は、皆んなこんな感じでしょうかね?


        → 28デザインワークスに戻る

        SIGMA DP3 Merrill 購入で写真の幅を広げるよ

        2014.05.07 Wednesday

        0
          SIGMA DP3 Merrill

          先日、SIGMA の DP3 Merrill を購入したんですよ。

          中望遠の単焦点なので、今メインで使っている RICOH GX200 で撮れないようなのをカバーする目的です。

          すでに使いやすくするために、水準器やレンズフードも用意しましたし、セッティングを済ませています。

          セッティングといっても、殆んど触るところはなかったです。

          設定したのは、

          ・ISO 感度
          ・カラースペース
          ・速度優先 AF


          です。

          ISO 感度はデフォルトで 100〜6400 のオートになってるのですが、下限を 100、上限を 400 にしました。

          キリッとした写真が撮りたいので、高感度にするとノイズが心配だからです。

          カラースペース(色空間)はデフォルトでは sRGB になってますが、Adobe RGB に変更しました。

          印刷の可能性があるので。

          速度優先 AF というのを見つけたので、コレは『入り』にしました。

          ピント合わせしてるときの液晶の表示が、多少速くなるのかな。

          RICOH GX200 にはなかった機能です。

          この 3つくらいです、特に撮影に影響しそうで設定したのは。

          あとは撮影時に調整したり、デフォルトでいけそうです。

          今週から本格的に使いますよ。


          → 28デザインワークスに戻る

          カメラをカスタマイズ!GX200 用レンズフードを自作しました

          2013.06.24 Monday

          0
            カスタマイズしたGX200

            愛機のコンデジ『リコー GX200 』ですが、修理から戻ってきて( Yeah! リコー GX200 を修理しました)愛着も増したことですし、とうとうカスタマイズに手を出してしまいました。

            屋外撮影用にレンズフードを作りましたよ。

            リコー GX200 には純正のレンズフードがメーカーから用意されているのですが、どうもカッコが悪い。


            実用的で性能はいいのでしょうが、質感・花形のフードがどうも気に入りません。

            ということで、ググってみたら自作してる人や別のモデルを流用してる人が結構いるのが解ったので、私もそれらの記事を参考に自作することにしました。

            用意したパーツは
            ・シグマ DP1 DP1s DP1x 用のフードアダプター HA-11
            ・リコー GX200 用前リング

            HA-11 と GX200 用前リング

            自動開閉式のレンズキャップを購入時より使っているので、GX200 用前リングは、不要になってた、購入時についてたものを使いました。

            作業は、HA-11 の内側を少し削って GX200 用前リングがハマるようにしたら、それらを接着剤で固定するだけです。

            チョットした DIY 作業で、下記のように作業を進めていきます。

            ・HA-11 の内側を削る
            ・位置だし
            ・接着

            ・HA-11 の内側を削る
            HA-11 の内径は GX200 用前リングの外径より少し小さい(差は 1mm もありません)ので、HA-11 の内側をヤスリで削って、ぴったりハマるようにします。

            GX200 用前リングは厚みが 6mm くらいありますが、全部入れ込む必要はありません。
            2〜3mm くらい入り込めば OK です。

            全部入り込んでしまっても、カメラのフラッシュ部分に当たって付かなくなりますよ。

            ・位置だし
            HA-11 とGX200 用前リングをカメラに装着し、フードの水平や出具合のイイ位置を確認して覚えておきます。
            私は GX200 用前リングの真下部分にペンでマーキングしておきました。

            ・接着
            HA-11 と GX200 用前リングの接着面を綺麗にして、汚しそうな部分をマスキングしたら、2液性の接着剤を使って接着しました。

            接着作業

            ここで HA-11 と GX200 用前リングが、位置出しの作業で確認した位置にきてないと、カメラに装着した時、残念なコトになりますよ^^;

            接着剤が乾燥後、GX200 に装着したのが一番上の画像です。
            撮影してケラレがないのを確認したら完成です。

            こういうカメラの楽しみ方もイイですね。


            Yeah! リコー GX200 を修理しました

            2013.06.03 Monday

            0
              リコー GX200

              4月に CCD センサーにゴミの付着を見つけた愛機 GX200 ですが(GX200 に不具合キマシタ)、つなぎのコンデジ Optio LS465 も使い始めたことですし、ネットオークションで処分しようとしたところ、イイもの見つけちゃいました。

              それはお店の保証書です。
              オークションへの出品に向けてパッケージや取説を準備していたところ、メーカーさんの保証書だけでなく、お店の保証書があるのに気が付きました。

              メーカーさんの保証書は購入後 1年間しか有効ではないので、修理依頼すると有償だとばかり思っていましたが、お店のものは 10年間保証だったのです!!

              と言うことは無償修理の可能性が!!

              このことに気がついたのが、先月 20日。
              念のため電話で問い合わせたら、多分大丈夫というので、その日のうちにカメラを預けてきました。

              液晶ビューファインダーを外し、メディアカードを抜いて、バッテリーだけ入れた『素』の状態で持ち込みました。

              お店の人に、CCD の状態、購入時と比べてレンズの動きのレスポンスが悪くなった気がすることや、まだまだ使うので全体をチェックして欲しいことを伝えてきました。

              で、先週金曜に修理から帰ってきたという連絡をうけたので、土曜日に受け取ってきましたよ。

              カメラ修理票

              伝えておいた CCD センサーのゴミは除去され、レンズの動作も良くなってるようです。

              これはリフレッシュです!
              でも、設定が殆どイジられてましたので、またチマチマ再設定してました。

              フォーカス:スポット AF
              測光:スポット(夜景は中央)
              ディストーション補正:ON
              ノイズリダクション:ISO401 以上
              手ブレ補正:ON
              ISO AUTO-HI 設定:AUTO 200
              水準器設定:表示のみ
              画像確認時間:HOLD
              絞り自動シフト:ON

              やっぱり使い慣れた愛機はイイですね。

              まだまだ手放せません、GX200 は。


              ペンタックス Optio LS465 使ってみました

              2013.05.20 Monday

              0
                ペンタックス Optio LS465

                1ヶ月ほど前に書いたのですが(GX200 に不具合キマシタ)、愛用のカメラ『リコー GX200』に不具合が出たため、つなぎの意味で新しいのをゲットしました。

                ペンタックス Optio LS465 です。
                ごく普通のコンデジです。

                いや、普通ではないです。
                非常に小さいです。
                ちょっと困るくらいに(汗

                転売の可能性もあったのでゲットしてから放っておいたのですが、使う機会が来たのでセッティングしました。

                いやその前に、まずプロテクションフィルムを貼りました。
                液晶画面と前面の指が触れる部分に、クルマ用のプロテクションフィルムですけどね。

                透明度も問題ないし、剥がすときも綺麗で楽ですからね。
                (液晶保護のフィルムは付属してないんです。)

                ペンタックス Optio LS465

                その後、ひと通り取説に目を通して各種の設定をしたのですが、各ボタンが押しにくいですね。
                慣れないと、爪で押すような感じです。

                100 × 45mm くらいのサイズの右側に、操作ボタンを集中させているのでしかたないんですが、シャッターも押しにくいです(汗

                親指の居場所がないので、気をつけないとシャッターを押す時に、操作ボタンを押してしまいます。

                慣れるしかないでしょうね。
                あまり気にせず入手しましたが、これほど小さいとは思ってませんでした。

                手の中に収まりますからねぇ。
                スマートフォンのカメラ部分を抜き出した感じがしてきましたよ。

                で、試しに撮ってきた写真は下記になります。
                興味あるかはご覧ください。

                全ての画像は
                ホワイトバランス:太陽光
                感度:ISO 64(オートに設定してましたが、結果的に)
                です。

                撮影時は曇っていて、時折、日差しがあるような天候でした。

                レタッチは、明るさとシャープさとナンバー消し、リサイズのみです。
                色味は触っていません。


                GX200 と大きく違う点は

                ・画素数が大きい(LS465 は 1600万、GX200 は 1210万)
                ×
                ・Raw 撮影ができない
                ・水準器がない
                ・素子が小さい(LS465 は 1/2.3、GX200 は 1/1.7)
                ・レンズが暗い(LS465 は F3.9-F6.3、GX200 は F2.5-F4.4)
                ・広角側が 28mm から(GX200 は 24mm から)

                といったところです。
                バッテリーの消費も速く感じました。

                ぼかすのが難しいですが、使いこなしたいと思います。
                そして、早く GX200 同等以上のカメラをゲットしたいと思います(汗

                GX200に不具合キマシタ

                2013.04.18 Thursday

                0
                  カメラテスト

                  カメラテスト

                  大事に使っているコンパクトカメラの GX200 ですが、とうとう不具合が... orz

                  昼間は大丈夫だったのに、夜に写真を撮ったら、ファインダで『シミ』みたいのに気が付きました。

                  どうやら CCD にゴミが付いたようです。

                  滅多にないトラブルらしいのですが、ググると同じ症状の人が出てくるんですよねぇ。

                  私の場合は今のところ 1つ確認できます。

                  広角側やマクロでは目立ちませんが、望遠側にするとハッキリ分かります(画像参照)。

                  経年劣化みたいなもんなんでしょうかねぇ?
                  一体ドコからゴミが入ったのか?

                  直そうと思うと、コンデジの CCD はユニットごとの交換になるので、修理料金は23,100 (消費税込み)ですと。

                  本日、奇しくもリコーから、新しい GR が発表されました。
                  買えってことでしょうかね?




                  RAW現像ソフトを試してる

                  2012.05.15 Tuesday

                  0
                    Picasa

                    コレまではカメラが対応している JPG の最大サイズで写真を撮ってましたが、場合によって RAW で撮影することにしました。

                    で、RAW 画像の現像なんですが、カメラに付属していたソフト、Google の Picasa 、Adobe の Photoshop Lightroom を試してみました。

                    今ところ、カメラに付属していたソフトは動作が遅い。

                    Picasa は JPG に書き出すときに劣化しすぎかな。

                    Photoshop Lightroom は高機能すぎて使いこなせるかな。

                    って感じてます。

                    色々やってみて現像方法を確立してみたいと思います。


                    GX200に代わるデジカメって何

                    2012.05.08 Tuesday

                    0
                      リコーGX200

                      今、メインのカメラにリコーの GX200 を使っています。

                      もうちょっと簡単に美しい写真が撮れないものかと、思っています。

                      flickr で美しい写真も見たときや、暗い環境での撮影時はとくに。

                      コレは撮影テクニックを上げれば済むかもしれませんがね、ボツ率が高いんですよ。

                      GX200 っていわゆるコンデジで、撮像素子は 1/1.7型の CCD を使っています。

                      最近は値段が手頃になってきたせいか、趣味で楽しんでる方でも撮像素子が、35mm や APSサイズのデジカメを使ってる人多いですよね。

                      羨ましいです。

                      でも、色んなデジカメが発売されてますが、レンズがデフォルトで(焦点距離の 35mm 換算値で)24〜72mm だったり、F値が F2.5(広角側)って無いんですよね。

                      通常、広角っていうと 28mm からだったり、F値も F3 より数値が大きモノばかりです。

                      仮にレンズ交換式のカメラを選んで、同じような仕様のレンズを探すと、レンズのみで 10万円近いんですよ。

                      まだまだ GX200 は現役だなぁ、よくできてるし。