カーボンも!接合技術の現状と将来の話を聴いてきました

2018.12.17 Monday

0

    カーボンも!接合技術の現状と将来の話を聴いてきました

     

    先日、今期 3回目、最終回の炭素繊維応用技術研究会に参加してきました。

     

    開催場所は、ウインクあいち。

     

    講演は 2つで、

     

    1)異種材料接合技術の現状と今後の展望

    2)自動車軽量化のための異種材料接着に関する技術課題と将来展望

     

    でした。

     

    1)は、大阪大学 名誉教授 中田氏のお話で、金属・樹脂・セラミックスなど接合の研究開発を進めているというものでした。

     

    クルマでいえば、軽量化・排ガス・燃費の性能向上要求から様々な材料が使われるようになってきて、新しい接合技術が求められているんですね。

     

    材料でいえば同一材料同士・異種材料間、接合で言えば溶接・圧接・接着とか、研究開発は幅広いです。

     

    話の中で、FSW を実際に作業しているムービーも見せてもらいました。

    クルマだけでなく新幹線も採用している技術です。

    私には聴いたことはあるもの馴染みがない技術ですが、大手や大量生産している企業にとってはメジャーなものですね。

     

    カーボンと異種材料との接合は、熱可塑性樹脂を用いたカーボン製品が研究されていて、接合する条件が明確になってきていました。

    熱可塑性樹脂を用いたカーボン製品は、これから生産車に採用されるでしょうから、研究が進むでしょうね。

     

    2)は、セメダイン株式会社 執行役員 技術本部長兼開発部長 秋本氏のお話でしたので、接着剤による接合の現状・将来をお聞きできました。

     

    接着剤メーカーなので、単なる接合材としての接着剤でなく、クルマの性能に関わるという考えで研究開発しているそうです。

    接着強度だけでなく、軽量化・安全性・剛性・耐久性など項目は多いでしょう。

     

    代表的な構造用接着剤、エポキシ樹脂系・アクリル系・ウレタン樹脂系の現状・特性の説明もありました。

    初耳でしたが、ハイブリッド接着剤っていうのも知りました。

     

    接合っていうと、溶接・リベット・接着剤くらいが浮かびますが、今の技術はもっと進んでいますね。

    異種材料ですと、電位差も考慮する必要が出てきますし。

     

    でも話を聴いていると、この分野でも国産車は遅れている感じしましたよ、特に接着剤の採用。

    海外のクルマは日本車よりも多く採用しているので、データが豊富に取れているでしょうね。

     

    クルマに限りませんが、採用が遅れている分野って日本の弱い・遅れている部分でしょ?

    接合技術は自動車業界とか建設業界が進歩していかないと、伸びにくいかな?

     

    今回の研究会も 2社から有意義な話が聴けて、カーボンコンポジット業務の引き出し・知識が増えました。

    これからもお客様に貢献しますよ。

     

     

    → 28デザインワークスのカーボンコンポジット業務に戻る

    ピッチ系炭素繊維って?CFRPの評価方法について聴きました

    2018.10.26 Friday

    0

      今季 2回目の炭素繊維応用技術研究会に参加してきました

      先日、今季 2回目の炭素繊維応用技術研究会に参加してきました。

       

      開催場所は、ウインクあいち。

       

      講演は 2つで、

       

      1)ピッチ系炭素繊維の基本物性とその用途展開

      2)CFRP の評価方法 〜機械試験を中心に〜

       

      でした。

       

      1)は、大阪ガスケミカル株式会社 CF材料事業部 研究開発部 技術開発チームマネージャー 曽我部氏のお話で、ザックリいうとピッチ系炭素繊維ってこういうものですよ、大阪ガスケミカル社の商品は優秀だよって話でした。

       

      ピッチ系炭素繊維って 28デザインワークスでは扱った経験がありませんし(PAN系炭素繊維を取り扱ってきました)、カーボンブレーキくらいしか馴染みがないのですが、結構いろんな業界に使われているのを知りました。

      身近なものですと新幹線、高い技術レベルですと人工衛星などに使われています。

       

      でも、多くの用途は断熱材として使われているみたいで、個人的にはあまり興味がわきませんでした。

      高価ですし、製品を作るには大がかりな設備も必要ですから。

       

      皆さんも炭素繊維といえば、軽量・高剛性の構造物や美しい繊維模様が思い浮かぶことでしょうが、それは PAN系炭素繊維を用いた製品でして、ピッチ系炭素繊維となると、粉状であったりウール状の製品になって見えない部分に使われることが多いので、馴染みはあまりないと思います。

       

      ピッチ系炭素繊維は摩擦が必要な箇所でも使われるので、クルマですとブレーキとクラッチに使われていますよ。

       

       

      2)は、日鉄住金テクノロジー株式会社 営業統括部 名古屋営業所長 熊崎氏のお話で、CFRP製品の評価の現状をお聞きできました。

       

      実験にはどういうものがあるのか?種類はだいたい分かりました。

       

      テストピースを用いた、引張・圧縮・曲げはもちろん、カーボンならではの層間剥離など、様々な実験をされていましたよ。

      構造物の試験も。

      金属の実験とは違った難しさもあるんでしょうね。

       

       

      今回の研究会も 2社から有意義な話が聴けて、カーボンコンポジット業務の引き出し・知識が増えました。

      これからもお客様に貢献しますよ。

       

       

      → 28デザインワークスのカーボンコンポジット業務に戻る

      カーボン素材のリサイクルと修理の現状と将来を聴きました

      2018.09.18 Tuesday

      0

        今季最初の炭素繊維応用技術研究会

         

        先週、今季最初の炭素繊維応用技術研究会に参加してきました。

        昨年は出張で東海地方を離れていましたので不参加でしたが、今季は参加予定しています。

         

        開催場所は、ウインクあいち。

         

        講演は 2つで、

         

        1)航空機 CFRP工程端材より回収した高性能回収炭素繊維の現状と今後の展望

        2)航空機における CFRP部材の修理実例紹介と技術的課題

         

        でした。

         

        1)は、ELGカーボンファイバーLTD. 社の社長 Frazer Barnes 氏のお話で、ザックリいうと ELGカーボンファイバー社のリサイクルされたカーボン素材は優秀だよって話でした。

        ELGカーボンファイバー社は CFRP廃材をリサイクルして、カーボン素材を生産・販売している会社なのですが、各商品・導入例・現在取組んでいる業務の紹介でした。

         

        数年前、日本のカーボンのリサイクル業者の話を聞いたことがあるのですが、現在、ここまで進んでないでしょう(たぶん)。

        海外ではカーボンのリサイクルは進んでいるんですね。事業として成り立っているようです。

         

        商品は、バージンのカーボン素材と同じように

         

        • ミドルファイバー
        • チョップドファイバー
        • 樹脂混紡不織布
        • 100% CF不織布

         

        がラインナップされていて、すでに日本でも ELGカーボンファイバー社のカーボン素材を使っている会社はあるそうです。

         

        2)は、株式会社 JALエンジニアリング 技術部システム技術室 機体技術グループ 井出氏のお話で、CFRP製の機体修理の方法・アルミ製の機体修理との比較などでした。

         

        この話は以前にも聴いたことがあるのですが、今回も具体的な修理例が聴けました。

         

        基本的な修理工程は私が今まで施してきた修理と同じですが、航空機の修理は精度良く、慎重にされています。

        CFRP製航空機の修理は『手間がかかっている』って印象うけますね。

        逆にクルマ関係の CFRP製品の修理はカンタンだとも感じます。

         

        カーボン製の機体はまだ歴史が浅いですから、今後長く使うことで修理品質や劣化のデータが取れますし、修理のノウハウや技術は進歩するでしょうね。

        また、修理技術からのフィードバックで、機体の構造や開発に活かせることも出てくるかもしれません。

        そういった今後の予測・課題的な話もありましたよ。

         

        今回の研究会も 2社から有意義な話が聴けて、カーボンコンポジット業務の引き出し・知識が増えました。

        これからもお客様に貢献しますよ。

         

         

        → 28デザインワークスのカーボンコンポジット業務に戻る

        JPS講演会で著作権・肖像権・権利と法律の話を聴いてきました

        2018.08.27 Monday

        0

          写真の著作権がわかれば肖像権なんか怖くない!写真にまつわる権利と法律の話

           

          6月のことですが、写真の著作権がわかれば肖像権なんか怖くない!写真にまつわる権利と法律の話という講演を聴いてきました。

           

          昔に比べて、SNS の普及・スマートフォン(カメラ付き携帯電話)の普及が進み、写真を撮る側のマナーや権利、撮られる側の権利について話題になることが増えてきているのを感じていますのでね。

           

          一部の撮り鉄さんが迷惑行為をしたり、インスタ映を狙った人が周りに迷惑をかけていたりって話は、誰でも聴いたことがあると思います。

          撮影や写真の使い方の勉強になって、疑問や迷いを解消できるかなと思いまして。

           

          講演の主催は公益社団法人日本写真家協会(JPS)です。

           

          場所は、名城大学ナゴヤドーム前キャンパス・DSホール。

           

          2部構成で、

          一部は「著作権と肖像権、プライバシー権」について。

          講師は、弁護士の近藤氏。

           

          二部は「写真コンテスト応募要項の問題点」について「状況別に考えるスナップ写真」実践ガイド。

          講師は、『アサヒカメラ』編集長の佐々木氏・弁護士の近藤氏・写真家の加藤氏。

           

          一部では、著作権とは?肖像権とは?プライバシー権とは?といったことを、具体例を交えてお話。

          元プロサッカー選手の事例も聴けました。

           

          二部では、コンテストの応募要項について、解釈とか問題点とか。

          応募者の利益・不利益とか、写真撮影のルール・マナーとか。

           

          アサヒカメラ誌で起きた実例や、ネット上で話題になったこと・案件を例に上げて説明されていました。

          この講演で、初めて知ったことも多々ありました。

           

          また、状況(シチュエーション)で権利の扱いが変わってくることも。

           

          • 一般の人が写っている場合
          • 有名人・プロスポーツ選手が写っている場合
          • 目線のある・なし
          • 写真の大きさの何%くらい?人が写っているか?
          • 撮影場所

           

          とかね。

          ケース・バイ・ケースってこともありますが、特に人物を撮る(人物が写り込んでる)ってことは難しいとか、配慮が必要だなと感じました。

           

          無料の講演でしたが、実際にあった案件を紹介しているため、具体例が写っているスライドなどは撮影 NG でしたよ。

          それだけ、具体的な話が多くて勉強になりました。

           

           

          → 28デザインワークスのデザイン&ブランディングに戻る

          人とくるまのテクノロジー展 2018 横浜で自動車技術みてきた

          2018.06.04 Monday

          0

            レーシングカーのフレーム

             

            自動車関連技術の展示会を見てきました。

            自動車関連と言っても様々なカテゴリーがあるのですが、この展示会はほとんどの業種で出展があります。

             

            大規模なので、広いし大手の展示は派手ですし、来場者も多いです。

            一通りサラッと覗いたつもりでも、見逃すものもあって後々後悔することもあります。

             

            あまり多くはないカーボン関連や少量生産に関連するものが目当てなんですが、3Dプリント関連・シミュレータ関連の展示が目に付きました。

            出展数も多かったのかな?

             

            カーボン製品の展示の中にはレーシングカーのフレームがありました。

            スーパーGT 選手権に使われているもので、何もつかない状態で見るのは初めてかも。

             

            見たところ、いつくかのパーツに分けて成形したものを接着して作っているのかな?

            また、パーツ取付に必要な穴が少ない感じがしました。

             

            通常フレームには、ボルトやリベットを使って部品が取り付きますので、穴やエンザート(ナット)の埋め込みが多いんですよ。

            昔、フォーミュラのモノコックフレームを作ったときは、1日中、手作業で穴あけをしていました(汗

             

            この辺のことも聞いてこればよかったと後悔しています。

            治具を使って手作業で穴を開けているのか?NC などで自動で作業しているのか?

            組み立て作業にどのくらい時間がかかっているのか?

            など、あとから気になってきました。

             

            初公開の車両もありましたよ。

             

            EXEDYさんが作った小型EV車両

             

            写真のはクラッチ屋さんの EXEDYさんが作った小型 EV 車両で、EV 向け製品を開発するために作ったそうです。

            タジマモーターコーポレーションさんが絡んでますよ。

            DYNAX製インホイールモーターが 1輪を Li-イオンバッテリで駆動する 3輪車です、すでに走らせています。

             

            展示会に足を運ぶと時間とお金がかかりますが、色々発見がありますね^^

             

             

            → 28デザインワークスのカーボンコンポジット業務に戻る

            CFRP製品がカンタンに!国際プラスチックフェア(IPF Japan 2017)

            2017.10.24 Tuesday

            0

               

              CFRTP部品のハイブリッド成形!国際プラスチックフェア(IPF Japan 2017)

               

              今年は 2月から出張でお客様の会社に通っているので、展示会やセミナーに参加する機会が中々都合が付かなかったのですが、時間ができたので、国際プラスチックフェア(IPF Japan 2017)を見てきました。

              3年に 1回開催されている展示会で、プラスチック・ゴムに関する原材料・機械・製品など見れます。

               

              場所は幕張メッセ。

               

              幕張メッセの 1〜8ホールすべてが会場ということで、とても広いので、3時間ほどカーボン関連を中心に見てきました。

              予想していたのですが、プリプレグ+オートクレーブの製品は相変わらず高品質な出展があるものの、オートクレーブを使わない成形方法のカーボン製品の開発が進んでいました。

               

              それに関する材料や成形機の出展が多かったです。

              材料に熱可塑性の樹脂を使っていたり、短繊維のカーボンを使っていたり、成形機にプレスを用いたり、工夫は様々。

               

              とうとうと言うか、やっとと言うべきか?カーボン製品を量産するシステムも登場していました。

              CFRTP部品のハイブリッド成形(熱可塑性樹脂+カーボンの製品)を 1分以内のサイクルで量産しているデモンストレーションが見れましたよ。

               

              オートメーションで 200×150mm、t:4 くらいのシート状にしたカーボンが、熱せられ→投入→プレス→取り出されるという工程のマシンでした。

              ABS とか PP製のプラスチック部品がプレスで作られているのと同じ感じで、バリも付いていたので、それを切り取れば製品は完成って感じでした。

               

              新しい技術の話を見たり聴けたりできたのが、昨年 12月以来だからか?技術の進歩をとても感じた展示会でした。

              28デザインワークスも新しい技術の研究開発にも携わりたいですね。

               

               

              → 28デザインワークスのカーボンコンポジット業務に戻る

              CFRPに適した熱可塑樹脂・切削工具!炭素繊維応用技術研究会にて

              2016.12.08 Thursday

              0

                カーボンに適した熱可塑樹脂・切削工具とは!炭素繊維応用技術研究会にて

                 

                先週、今季最終回の炭素繊維応用技術研究会に参加しました。
                 
                場所は、ウインクあいち。
                 
                講演は 2つで、
                1)名古屋大学 客員教授/一般社団法人強化プラスチック協会会長 邉氏による『次世代車体構造用炭素繊維強化熱可塑性複合材料の開発と課題』
                 
                2)オーエスジー株式会社 デザインセンター開発グループ グループリーダー 辻村氏による『CFRPの切削加工技術と最適工具の選定』でした。
                 
                1)の話では、「様々な熱可塑樹脂とカーボンが組み合わせられテストされているなぁ」と実感しましたよ。
                ナイロンとの組み合わせもありました。

                それらの性能比較も興味深かったです。
                 
                熱可塑樹脂を使ったカーボンのお話が殆どで、CFRTP と CFRP との比較、成形方法はプレス成形と VaRTM に触れていました。

                今後はまだ不明瞭な性能を明確にしたり、新しい成形方法を開発していくようです。

                 

                熱可塑樹脂とカーボンの組み合わせは確立されつつあるのも実感しました。
                以前はコストや成形時間が大きな問題でしたが、徐々に解消されていますよ、多分^^
                 
                2)の話はドリルなどカーボン用の切削工具の話で、オーエスジー(株)の製品は良いよ!ってことでした^^

                良好な工具と切れなくなった工具の加工面の比較や、求められている条件とそれに対応するための開発の話とか聴けました。

                 

                単なる穴あけ作業も『科学的』というと大げさかもしれませんが、「よく考えられているんだな」と改めて気づきました^^

                工具の良し悪しは、作業効率やコストに関係してくるので、カーボン製品を大量生産したり大量に組み立てしている企業には問題でしょうし。
                  

                今回も、今後のカーボン業界や関連技術の現実味とか、近い将来どうなっていくか?といった話が聴けました。

                 

                少しはアイデアの出しが増えて、28デザインワークスの業務に貢献できるかな。
                新しい技術の研究開発にも携わりたいですね。
                 
                 
                → 28デザインワークスのカーボンコンポジット業務に戻る

                カーボン複合材料も活用!CAE POWER 2016 名古屋で聴いたよ

                2016.10.31 Monday

                0

                  CAE POWER 2016 名古屋

                   

                  先週末、伊藤忠テクノソリューションズ(株)主催の『CAE POWER 2016 名古屋』 に参加しました。
                   
                  場所は、ウインクあいち。
                   
                  同じ日に同じ場所で、複合材料・金属材料・生産技術・自動車&センシング・IT活用の 5種類あったのですが、28デザインワークスが参加したのはすべて複合材料で、合計 6つの講演を聴いてきました。
                  伊藤忠テクノソリューションズさんの商品展示もありましたので、見てきました。

                   

                  1)複合材料の衝撃・接合強度・プロセスに関するシミュレーション技術(東レ株式会社)
                  2)【積層系CAE】Composites Dream を用いた炭素繊維複合材解析(伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)
                  3)航空機複合材部品製造における CAE適用の可能性と今後の展開(新明和工業株式会社)
                  4)【樹脂系CAE】ランダム配向繊維強化複合材のマルチスケール解析(伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)
                  5)【損傷予測CAE】複合材検査のための超音波シミュレーション(ヤマハファインテック株式会社・伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)
                  6)複合材料水素タンクの設計解析例と疲労寿命解析について(大阪大学大学院)

                   

                  複合材料の講演しか選ばなかったので、カーボン関連の話ばかりです。
                  各 30分の講演で、どれも最新の研究開発の紹介といった内容でした。
                  「CAEを活用している例」的なプレゼン感がありましたよ。

                   

                  世間やお客様からの要求は高まっていく一方なので、それに対して様々な研究開発を進めているのが実感できますね。
                  大手の企業さんだけあって「こういう問題が出るだろうな」と想像できることには、当然、研究開発・対策していますね。システムを用意しているというか。
                   
                  また機会がありましたら参加したいですね。
                  少しはアイデアの出しが増えて、28デザインワークスの業務に貢献できるかな。
                  新しい技術の研究開発にも携わりたいですね。
                   
                   
                  → 28デザインワークスのカーボンコンポジット業務に戻る

                  カーボン関連の開発は進む!炭素繊維応用技術研究会いってきた

                  2016.10.24 Monday

                  0

                    炭素繊維応用技術研究会

                     

                    先週、今季 2回目の炭素繊維応用技術研究会に参加しました。
                     
                    場所は、ウインクあいち。
                     
                    講演は 2つで、
                    1)東レ株式会社 複合材料研究所 主任研究員 坂田氏による、『炭素繊維複合材料の技術展開 航空機用途を中心に』
                     
                    2)特定国立研究開発法人産業技術総合研究所 構造材料研究部門 無機複合プラスチックグループ 研究グループ長 堀田氏による『CFRP成形へのマイクロ波プロセスの適用化とその特徴』でした。
                     
                    1)の話では、航空機に用いられるカーボン製品の現状・要求される特性・条件や、東レさんがこれからリリースする、新しいカーボンの話が参考になりました。

                     

                    今後の自動車産業への適用への話もありましたよ。
                    その中ではフォーム状のカーボンにも触れていました。

                     

                    新しい材料の話が聴けるのはイイですね^^

                     

                    主に航空機に使われるプリプレグや VaRTM での成形、自動車に使われる熱可塑用のカーボンなど、研究開発はとどまらないのが伝わってきます。
                     
                    2)の話は研究中の成形方法の話でした。
                    カーボンの成形にマイクロ波を用いると、製品の性能や成形スピードなどにメリットがあるそうです。
                     
                    実用化には至ってないようでしたが、今後どうなっていくのか?ちょっと興味わきますね。
                    現状でもカーボン関連は色々問題や新しい要求が出てきてますので、開発スピード・コストが問題でしょう。
                     
                    今回も、今後のカーボン業界や関連技術の現実味とか、近い将来どうなっていくか?といった話が聴けました。


                    少しはアイデアの出しが増えて、28デザインワークスの業務に貢献できるかな。
                    新しい技術の研究開発にも携わりたいですね。
                     
                     
                    → 28デザインワークスのカーボンコンポジット業務に戻る

                    チョコレートも奥深いよ!桑名ほんぱくでショコラテイスティング

                    2016.10.17 Monday

                    0

                      桑名ほんぱくでショコラテイスティング

                       

                      「ショコラのテイスティングと工房見学ができる!」という情報をキャッチしたので、先週ですが行ってきたんですよ。
                      『桑名ほんぱく』という桑名市主催の『地域体験プログラム』に参加という形ですけどね。

                       

                      場所は三重県桑名市の『フェーヴ・ド・カカオ(Feve de cacao)』という、チョコレートやチョコを使った焼き菓子を製造販売しているお店です。

                       

                      このお店は、以前よく買い物をしてて、ひと通り商品は食べています。
                      味と安全にコダワッた『美味しいお菓子のあるお店』ということを知っていますので、お話は信用できるでしょう。

                       

                      最近、28デザインワークスは飲食店のかたと話をする機会もありますし、興味があるので参加してきたわけです。
                      現在、コーヒー屋さんと付き合いがあるので、「どういう違いがあるか?」「仕入れたカカオがどうお菓子になっていくのか?」興味があるわけです。

                       

                      チョコレートってカカオから作られるわけですが、カカオの栽培やチョコレート作りの工程は、コーヒー作りと似ているところがあるんですよ。

                       

                      プログラムは 1時間半と短めで、内容は殆どチョコレート作りの座学です。
                      後半にショコラテイスティング、最後に工房(厨房)見学でした。

                       

                      お話をしてくれたのは、お店のオーナーショコラティエールでしたので、海外の本場の話が聴けたのが良かったですよ。
                      スーパーで売られている商品とはどう違うのかって話もありました(これもコーヒーに似たこところがありますね)。

                       

                      ショコラテイスティングは全 11種をいただきました。
                      上記写真がそれでして、参考までに

                      • ホワイトチョコ
                      • ミルクチョコ
                      • ダークチョコ(カカオ 53%)
                      • シンガポールのチョコ
                      • コロンビアのフィノデアロマ
                      • トリフ 3種(カカオの含有量が違い、1つは黒蜜で甘みをつけたもの)
                      • カカオ豆 2種(産地が違う)
                      • カカオマス(カカオ 100%)

                      コーヒーのテイスティングよりも、味の違いは分かりやすいですよ。

                      こういうのに参加すると少しは知識の引出しが増えるので、機会があれば、また行きたいですね。

                       

                       

                      → 28デザインワークスのホームページに戻る