忘れてない?Win8.1をインストールしてからした設定2つ

2015.03.18 Wednesday

0
    Win8.1スタート画面

    先日、Win を 8.1 にしてみて、PC は、すこぶる調子が良いです。
    サクサク軽快に動いてますよ。

    マウスの右クリックから削除を選ぶと、Win7 のときは「ホントに捨てるの?」的なことを聞かれてましたが、Win8 は即ゴミ箱に入れてくれるのも新鮮に感じます^^

    PC の電源を入れて、パスワードを入れる画面の前に、1度画面をクリックしなきゃダメなのが、謎仕様ですが。

    28デザインワークスは BUFFALO のキーボードを使っているのですが、シャットダウンから起動の場合、NumLk が効かなくなるようになりました(Win7 のときはこんことなかったのに)。

    なので NumLk を有効にしてからパスワードを入れるようなりました。
    作業中に再起動したときは、NumLkの効いたままなんですけどね。

    考えてみると、Win8.1 の導入で時間がかかったり面倒くさかったのは、アプリが 8.1 にマッチしてるか?調べたり、インストールしたあとのアプリの設定だったりで、PC 自体はほとんど設定していません。

    個人用ファイルを引き継いで OS をアップデートしたのもあるかもしれませんが、設定したのはディスプレイの解像度と、オリジナルの壁紙だけです。

    で、気になったのですが(思い出したのですが)、Win7 のときは週に 1度、自動的にバックアップがされてました。

    「これはどうなっているのか?設定は引き継がれているのか?7 のときと同じように毎週同じ時刻に指定していた外付け HDD にされるのか?」
    というのと、

    「Win8.1 には省電力設定はあるのか?」
    というのが気になりました。

    Win7 では、電力をセーブする目的で『Windows PC 自動節電プログラム』で電源設定していました。
    ディスプレイの暗くなる時間や電源が切れる時間、PC をスリープさせる時間など設定していましたよ。
    ほかにも余計なパワー(メモリー)を使わないように、XP チックな見かけにしてました。
    『エアロ』なんて装飾効果も切ってましたよ。

    『Windows PC 自動節電プログラム』はマイクロソフトのサイトに用意してあって、PC にインストールすれば楽に電源設定できたんです。
    コントロールパネルを開いて『電源オプション』で個々の設定をするよりカンタンだったんですよ。

    ということで、2点の設定ついてググって調べてみました。

    バックアップは考え(システム)が変わりましたね。
    Win8.1 のバックアップは、コントロールパネル内の『ファイル履歴』で設定できます。
    (コントロールパネル > システムとセキュリティ > ファイル履歴でファイルのバックアップコピーを保存)

    デフォルト状態では『オフ』になってました。
    これは何かあった時のためにの設定しておく必要ありますよね。

    バックアップ先もバックアップするタイミングも設定できました。
    Win7 のときより詳細に設定できそうです。

    HDD がイッパイになったらどう教えてくれるのか?気になりますが^^;

    自動節電プログラムはありませんね。
    マイクロソフトのサイトには 8.1 の節電プログラムはありませんでした。
    コントロールパネルなどから『電源設定』を開いて設定するしかないようです。
    (コントロールパネル > ハードウェアとサウンド > 電源オプション)

    しかも、『バランス(推奨)』と『省電力(電力の消費を抑えますが、パフォーマンスは低下します)』の 2つから選ぶのがデフォルトです。
    自分でオリジナルのプランを登録できるのかもしれませんが、PC にはパキパキ動いて欲しいので、バランスに設定しました。

    ようは、触らなくて(デフォルトで)イイ箇所だったわけですね。

    とりあえず、PC の設定は終了ですよ。
    なにか忘れてるかもしれませんし、実施したほうが良い設定もあるかもしれませんが、あとは使ってて不具合が出たら、その都度見直すって感じにします^^


    → 28デザインワークスに戻る

    チョット失敗したけど軽快!Win7→8.1のアップデートはオススメ

    2015.03.03 Tuesday

    0
      Win 8.1

      仕事の必要に迫られて、Win機の OS を 7 から 8.1 にアップデートしました。
      Cドライブの空き容量が増えたせいか?Win8.1 のデキがいいからなのか?PC は軽快に動いています^^

      目新しいのもあるでしょうが、各動作が軽快に感じてストレス少ないです。
      7 のときより安定してるアプリもあります。

      噂通り、PC の起動やシャットダウン、各アプリの起動は速くなりました。
      現像ソフトの保存スピードも速くなりました。
      「今までは何だったんだろ?」って感じです。

      PC を起動してパスワードを入れる画面に行く前に、1度画面をクリックする必要があるのが、チョット謎ですけど。

      Webページで、リンクで飛んだり、上部に戻ったりって動作も「シャッキリ」した感じがします(抽象的ですが)。
      曖昧な感じ・ヘロヘロしてないっていうか、軽快です。
      (ブラウザのアップデートが原因かも)

      あと、今回のアップデートにあたって、うっかり残念な失敗もしましたよ(汗

      Win機は最新の OS の入ったパソコンを買い換えること多かったので、OS を買ってきてアップデートなんて初めてでした。Mac はよくあるんですが^^

      アップデートの準備
      OS の Win8.1 はパッケージ版を購入することにしましたので、アップデートの要領をググって調べました。
      ダイアログに従っていくだけで、特に難しいことなくアップデート完了するようだったのですが、念のため、バックアップしました。

      まず 3つのフォルダを USB メモリーにコピーしました。
      • ダウンロード
      • RealDownloader
      • Amazon MP3

      ダウンロードにはネット上から入手したアプリのインストーラーや、フォントフォルダなどがタップリあります。
      RealDownloader には Youtube からダウンロードしたファイルがあります。
      Amazo MP3 にはアマゾンからダウンロードしたファイルがあります。

      デスクトップ上に散りばってる URL やアプリのショートカット、自分で作ったファイル・フォルダなどは、外付けの HDD に移しました。

      この 2種のバックアップは、OS のアップデートに問題なければ、ゴミ箱に直行するはずです。

      そして、毎週 1回実施している『Windows バックアップ』で、全体をバックアップしました。
      最新状態を、外付け HDD に残したということです。

      アップデート開始
      これで、やっと購入した OS を DVD トレイに収めて、アップデート開始です。
      『個人用ファイルを引き継ぐ』を選択しました。

      調べたとおり、ダイアログに従っていくだけでしたが、時間かかりますね。
      PC にもよるのでしょうが、1時間では無理でしょう。
      再起動は 2回行われましたよ。

      OS がインストールされてから設定に移るのですが、マイクロソフトのアカウントが必要になりました。
      私は持ってなかったので、作らされました。
      スルーしようとしたのですが、ダメでしたわ。
      (このアカウントとパスワードを、今後、PC を起動するときに使うことになります。)

      パスワードを入れる画面の前には、1度画面をクリックする必要がありました。
      これは分かりにくいですね。
      「レインボーチックな画面から進まないなぁ」と思ったら、画面をクリックしたらパスワードを入れる画面になりましたよ^^;

      アップデートの確認
      無事 8.1 のインストールが終わって起動すると、デスクトップ上のアイコンが『お爺ちゃん仕様』(とても大きいサイズ)でしたので、まず、モニターの解像度を調整しました。

      パッと見、7 のときのデータがうまく引き継がれているようです。
      バックアップしておいた
      • ダウンロード
      • RealDownloader
      • Amazon MP3
      • デスクトップ上にあったファイルとフォルダ
      は、8.1 になっても 7 のときと同じ場所にありますし、詳しく見ても、失くなっているものはありませんでした(バックアップは不要でした^^)。

      アプリの設定
      8.1 へのアップデートは問題なかったので、アプリの設定にかかりました。
      8.1 に対応していないものは見送ったり、代替のアプリをインスコしたりということになると思います。
      フリーソフトなんかは 8.1 に対応しているか?確認が必要でしょうね。

      アプリの設定はすべてデフォルト状態になっているでしょうから、毎日使うようなアプリを優先に設定を始めました。

      ここで問題発覚です
      「まずはブラウザー」ということで最新の Google Chrome をダウンロードしたのですが、ブックマークのバックアップを忘れてることに気が付きました(ガーン
      Firefox もです(IE は Win 7 では削除してたので問題なしです)。

      Chrome を起動させたら、なぜか昨年の古いブックマークが引き継がれてました。全くナシではなかったです。
      同期の関係なのか?理由は分かりません。

      先日まで使っていた最新のをバックアップしてれば、インポートできたと思います。
      これからコツコツ自分らしいブックマークを構築していきます(トホホ

      Firefox は最新のをダウンロードして起動させるとブックマークは(当然)空でした。
      幸い、昨年バックアップしたブックマークを保存してたので、インポートしました。
      先日まで使っていた最新ではないので、こちらもコツコツ自分らしいブックマークを構築していきます(トホホ

      以降、ブラウザにはプラグインを追加したり、フォトショップやイラストレータ、セキュリティーソフトや現像ソフト、フォントなど、必要性が高い順にインストールしては設定をしました。

      Win8.1 と各アプリのバージョンの相性でしょうが、チョイチョイ不具合があります。
      でも、ググると解決策がありますので、なんとかなります。

      昼から Win8.1 のインストールを始めて、よく使うものの設定を終えるだけでも日付がかわる時刻になりましたので、残りは空いた時間や必要に応じて設定することにしました。

      所感
      OS のインストール作業は『その後の作業(設定)』もあって、とても時間かかりますね^^;
      時間に余裕が必要です。

      それと、ブラウザーのブックマークのバックアップや、必要なプラグインの控えを忘れずに^^


      → 28デザインワークスに戻る

      備えて安心!パソコンのバックアップは大事だよ

      2014.12.30 Tuesday

      0
        バックアップ

        新年が迫ってますが 28デザインワークスは通常営業しています。
        平行して、年末年始に恒例になっている、バックアップデータの引越をしました。

        28デザインワークスは月に 2回実施しているのですが、HDD を交換したり追加したり、大がかりなバックアップは年末年始にしています。

        これをやってないと、何かあったとき、とくにウェブサイトがダウンしたとき、復旧に困るんですよ。
        数年前にもサーバー屋さんが、データ改ざんされたり消去されたりして大変でしたよね。

        チョット過去に戻ってしまうかもしれませんが、何もないと 1からファイルを作ることになってしまいますよ^^;

        バックアップって、データは毎年増えていくので HDD は大容量になってきますし、データを移動し始めると何十時間もかかります。
        中身を確認しながら手作業ですし、20年分のデータがありますから。

        データ移行の途中、なにか起きると困るので、夜中や無人のときにはしていません。

        今回は新しい外付け HDD を用意してデータを移行&整理していて、やっと片付いてきました。
        ちなみに、現在のパソコン環境のスペックは下記のとおりになりましたよ。

        Mac
        アップル Power Mac G4 MDD(M9309J/A)(2012年 9月購入)
        CPU:1.25Ghz デュアル
        OS:9.2.2&10.4.11
        メモリ:2GB
        内蔵 HDD:純正 80GB+250GB

        PC
        ONKYO S713A3(2011年 7月購入)
        CPU:インテル Core i3-530 プロセッサー
        OS:Windows 7 Home Premium 64ビット
        メモリ:2GB → 8GB(2013年 6月増設)
        内蔵 HDD:320GB

        外付け HDD
        BUFFALO HDX-LS500U2/V(2013年 4月購入)
        BUFFALO HD-LC2.0U3/N(2014年 12月購入)

        どれもハイスペックではありませんが、動作が安定して使えるのがイイとこです。

        一般的に、バックアップは何かキッカケがないと実施しないかもしれませんが、年末年始の長期休暇の時期は、比較的パソコンの稼働が緩くなると思いますので、大がかりなバックアップをする時期にはオススメですよ。


        → 28デザインワークスに戻る

        知ってます?写真の現像に良いモニタ・作業環境は不可欠です

        2014.06.16 Monday

        0
          iiyama XB2485WSU-B2

          先週から新しいモニター『iiyama XB2485WSU-B2』をメインで使っています。

          今のところ調子イイですよ。
          何もトラブルないです。
          仕事も捗っちゃいます^^

          画面を見る角度によって、色が違って見えることもないですし、キマった(カッコイイ)写真は、ホントにクッキリ見えます。

          高級で高性能な EIZO製とは雰囲気が違いますが、コストパフォーマンスは高いと思います。

          写真の現像や画像を作るとき、色を確認するのに性能の良いモニターは不可欠なんですよ。
          とくに印刷する場合は拘ったほうがいいですね。

          私は部屋の蛍光灯も色評価用を使っています。

          写真やデザインに携わっている人は、たいてい環境に気を使ってますよ。

          Adobe RGB に対応した綺麗な表示と、広い画面を求めてモニター変更を検討していたのですが、やっと買いました。

          1920×1200 のサイズって案外少ないんですよね。

          高さが 1080px なら種類は多くて選択肢は広がりますが、何か理由があるんでしょうか?^^

          iiyama は初めて購入検討だったので、休日にお店に表示確認にいったんですが、展示がなくて「価格も週明けにしか分からない」と言われたので、Amazon でポチりました。

          Dell とか海外メーカーも候補に上がったのですが、性能の他に、コストパフォーマンス・信頼性・アフターフォローを期待して iiyama を選びました。

          高価な買物ほど国産を選ぶかもしれませんねぇ。

          4K とか高価なのも検討したんですが、パソコンの性能と照らし合わせたら、スルーとなりました。
          (今の時点で EIZO の 4Kモニターは年末リリースらしいです)

          パソコンとモニターのマッチングは、ビデオカードとか、出力端子が問題になってきますよね。

          次回のアップデートは、パソコン自体を高性能なものに買い替えでしょうね。


          → 28デザインワークスに戻る

          私にもできた!はじめてのメモリー換装

          2013.06.21 Friday

          0
            用意した BUFFALO のメモリー

            インターネットメインで使っている Win機ですが、写真加工にも使うようになってきたし、インターネットしか使っていない状況でも、動作がど〜んよりしてきたのでメモリーを追加しました。

            「応答なし」なんて表示がでることもシバシバ(●`ε´●)

            使っているうちに、タブの切替が遅くなってきたりブラウザーの切替が遅くなってくると、捗りませんもんねぇ。

            たくさんのソフトを立ち上げてると仕事になりません。

            大した負荷をかけていないつもりでも、ファイルが増えていくだけでも、パソコンには負担になっていくんですねぇ。

            Win機のメモリーは買ってきたときのままの 2GB なので、今回は 4GB × 2 の 8GB に増やしました。
            用意したのは BUFFALO のバルク品です。

            PC3-10600(DDR3-1333)対応  240Pin用 DDR3 SDRAM DIMM の2枚組
            BUFFALO のメモリー(バルク品)

            この Win機、初めて中にアクセスしたのですが、綺麗に使っているつもりでも若干ホコリがありましたね。

            とくにファンにはビッチリ付いてましたので、掃除をしておきました。
            時々するのがイイんでしょうが、中々できませんよね。

            メモリー交換は、場所を確認したら方向を間違えないように取付するだけなので、オリジナルの 2GB を外して、用意したのを取付ければアッサリ終了です。

            プロパティを確認すると、ちゃんと認識されてますね、交換成功。

            プロパティ(Before)
            プロパティ(Before)

            プロパティ(After)実装メモリーが 2.00GB から 8.00GB になりました。
            プロパティ(After)

            パフォーマンス(Before)
            パフォーマンス(Before)

            パフォーマンス(After)メモリーのサブスコアが上がりました。
            パフォーマンス(After)

            使ってみると、ソフトの立ち上がりも速くなって、動作スピードが改善されていますし、今のところ「応答なし」の表示も出ていません。

            これで、当分快適に使えます。

            満足満足^^


            HDDの空き容量とパフォーマンスの関係

            2013.04.17 Wednesday

            0
              外付けHDD

              Win機に外付けの HDD を追加しました。

              今年から Rawデータの現像を Win機ですることにしたのもあって、HDD の容量つかいますね。

              現像は Raw → Tiff → Jpg と進めるのですが、全て画像は保存していますので、HDD の容量もそれなりに食います。

              バックアップの都合もあるので、少し外付けで HDD を追加してデータを移行、保存先を整理してました。

              接続はすぐ済みますが、データの移行に半日かかりましたよ(汗

              何年か Win機を使っていて思うのですが、内蔵の HDD は容量を半分とか 1/3 くらいは残して使いたいですね。

              動作スピードが変わってきますよ。
              残り容量が 10%を切っても動きますが、とても動作が遅くてストレスを感じます。

              メモリーの量がパフォーマンスに直結なんでしょうが、HDD の空き容量も必要ですね。
              作業が捗りますよ。


              静寂を求めて!G4 MDD Macのファン換装したった

              2012.10.10 Wednesday

              0
                購入したCooler Master の Case Fan ブルー R4-L2R-20CK-GP

                注文しておいた Cooler Master の Case Fan ブルー R4-L2R-20CK-GP が届いたので、さっそく交換しました。

                オリジナルのファンは厚みが 38mm、買ったのは 25mm なので、工夫が必要で取付に時間かかるかなぁ?と思ってましたが、あっけなく換装できました。

                作業はまず、オリジナルのファンの取外しからです。

                Mac のコンセントを抜いてカバーを開けて、ファンから出ている電源コードをたどり、コネクタから外します。

                抜け防止のストッパーをマイナスドライバーで少し持ち上げて、コネクターを抜くだけなのですが、ストッパーが折れてましました(汗)

                次は、ファンの上にある DVD ドライブのユニットを外しズラします。
                固定しているネジは 2つだけでした。

                なんと、DVD ドライブのユニットをズラしたら、ファンは外せました。
                予想外にオリジナルのファンはネジでは固定されておらず、DVD ドライブのユニットと底板に挟まれているだけでした(汗)

                コレが騒音の根源です。

                オリジナルのファンPAPST のMULTIFAN 4212H

                ハンガリーの PAPST の製品(MULTIFAN 4212H)でした。

                モーターが大きくて羽根ちっちゃいです

                モーターが大きくて羽根ちっちゃいです。

                次は、用意した Cooler Master のファンのコネクタを加工(というか細工というか)します。

                Mac のオリジナルファンのコネクタは、プラスとマイナスの 2ピンなんですが、用意した Cooler Master のファンは DOS/V 用(3ピン)なので、プラスとマイナスを入れ替えます。

                Mac 用とDOS/V 用では、プラスとマイナスが逆ですので。

                ケーブルはコネクタに空いてる小さな穴から精密ドライバーで押しながら引っ張れば抜けます。

                こういうモノのケーブルは、プラスが赤色でマイナスが青色になっていると思ってましたが、用意した Cooler Master のはプラスのケーブルだけ柄が替えてありました。

                その隣(真ん中)がマイナス、もう1つがセンサー(多分)で、両方とも黒色のケーブルでした。

                用意したファンのコネクタの加工が済んだら、電源部に挿してファン本体を取付て、CD ドライブのユニットを固定します。

                3ピンのコネクタを 2ピンの Mac 側に挿すわけですが、すき間があるので問題なくささります。

                3ピンのコネクタを 2ピンの Mac 側に挿します

                私はファンの表裏がよく分からなかったので、Macのカバーを開けたまま電源を入れて、動作確認をしました。

                意味なく青い LED が輝いてますが、ちゃんとヒートシンク方向に風が出ているのを確認しました(笑)

                青い LED が輝いて無事ファンは動きました

                これでファンの換装作業は終了です。

                結果、静かになりましたよ。
                ヨカッタ、ヨカッタ。

                今どきの PC には敵いませんが、OS9 でも OS X と同じくらいの静かさで、許せる範囲内です。
                ブオーンって感じにはなりません。

                スリープ時は、OS9 では使ってる時と同じ静かな音で、OS X では音はしませんね。
                (コレは以前と同じかも)

                真夏になるとどうなるか分かりませんが、とりあえず静音化成功です。


                現状で最適はどれ?換装に向けてG4 MDD Macのファン選び

                2012.10.09 Tuesday

                0
                  Cooler Master Case Fan ブルー R4-L2R-20CK-GP

                  先日、最終型の G4 Mac を入手したんですが、冷却ファンの音が、今まで使ってきた G4 Mac と同等かそれ以上にウルサイ感じです。

                  ネットでは、「最終型 G4 Mac は静かになった」と聴いていたので意外でした。

                  OS X で起動すれば割りと静かですが、OS9 で起動すると「昔の扇風機が部屋のどこかで動いているのか?」と思うほどです。

                  これは何とかせねばと思いググったところ、皆さんいろいろ対策してますね。
                  内部にアクセスするフタを開けっ放しにしたり、冷却ファンを交換している人も多いようです。

                  最近のパソコンは殆ど音しませんもんねぇ。

                  で、私も冷却ファンを交換することにしました。

                  調べるとオリジナルのファンは 120×120×38mm というサイズで、風量は 3.07m3/min、108.3CFMとなっています。
                  そして、音の大きさは 49dB。

                  コレより静かで同等の風量のファンを探しまして、Cooler Master の Case Fan ブルー R4-L2R-20CK-GP というのを注文しました。

                  120×120×25mm のサイズで回転数は 2,000rpm。音の大きさは 19dBA、風量は 90CFM です。
                  オリジナルとは厚みが違うので取付に工夫が必要かもしれません。

                  ググると、長尾製作所が扱っている X-FAN 120mm ファン RDL1238S を選んでる人も多いようで、よく記事を目にしました。

                  コチラのスペックは、サイズが 120×120×38mm、回転数は 2,000rpm、音の大きさは29.3dbA、最大風量は 94.73CFM(2.68m3/min)です。

                  X-FAN もヨカッたのですが、負荷のかかってない時の音量など、より静音を期待して Cooler Master のファンを注文しました。

                  暑い時、オリジナルのファンは回りっぱなしになるようなので、風量が若干少ない Cooler Master も X-FAN も回りっぱなしになるでしょうが、それでも「Cooler Master や X-FAN のほうが静かでしょう」と期待してます。

                  注文した Cooler Master の Case Fan ブルー R4-L2R-20CK-GP は、アマゾンで送料込の1,300円でした。

                  はやく届かないかな。


                  G4 Macのパフォーマンステスト

                  2012.10.04 Thursday

                  0
                    G4 Mac

                    今で使っていた G4 Mac から、新しく迎えた G4 Mac にデータを移すとき、ふと思いました。

                    OS9 の環境でデータを移すのと OS X の環境でデータを移すのでは、どちらが速いのか?どのくらい違うのか?

                    新しく迎えた G4 Mac は、OS9 の環境ではシングル CPU、OS X の環境ではデュアル CPUで動くはずです。

                    マシンスペックですが、
                    (旧)今まで使っていた G4 Mac は 733MHz でメモリーが 1.25GB。OS は 9.2.2
                    (新)新しく迎えた G4 Mac は 1.25Ghz デュアル CPU でメモリーが 2GB。OS は 9.2.2&OS 10.4.11

                    ベンチマークってわけじゃないですけど、USB メモリーを使って 4000 × 3000 ピクセルの JPG 画像を 99個移動させる時間を測ってみました。

                    結果は
                    USB メモリー→(旧)が 7:34.5秒
                    (旧)→ USB メモリーが 9:00.1秒

                    USB メモリー→(新 OS9)が 7:31.4秒
                    (新 OS9)→ USB メモリーが 8:11.2秒

                    USB メモリー→(新 OS X)が 7:04.2秒
                    (新 OS X)→ USB メモリーが 8:26.1秒

                    結果を見ると OS X で作業するのが速いみたいです。
                    やっぱり新しく迎えた G4 Mac はパフォマンス高いみたいですが、圧倒的ではないですね。

                    もっと大きなデータになると差が出ると思うので、まあ、いいかぁ。


                    セットアップ完了!新しいG4 Macを買ってからしたこと

                    2012.10.03 Wednesday

                    0
                      G4 Mac

                      新しく入手した G4 Mac を使えるようにセットアップしました。

                      といってもメモリーと HDD の追加を頼んでおいたので、届いた時にはひと通りインストールされてて、すぐに使える状態になってました。

                      ので、作業は
                      ・日時&時刻の設定
                      ・OS9 と OS X の切替がスムーズか?確認
                      ・追加した HDD のパーテーション切り
                      ・使ってた Mac からのアプリ&データ移行
                      ・使ってた Mac からの SCSI ボード移設

                      って感じです。
                      これだけですが、1日仕事でしたね。

                      まずは日時&時刻の設定からしました。

                      この当時の Mac は電源が切れると日時が 1904年 1月 1日に戻ってしまいますので、現在の日時に設定します。

                      私の場合、秒と曜日も表示するようにしています。
                      秒が表示されてると、フリーズしてるかしてないか判断できるので便利ですよ。

                      次は、OS9 と OS X の切替がスムーズか?確認しました。

                      OS が切替られる Mac って初めてなので、操作して確認しました。
                      な〜んも問題ないですね。

                      ただ、OS X の時は静かですが、OS9 の時はファンの音がウルサイですね。

                      今回入手した最終モデルのG4 Macは静かと聞いていたのですが、意外に今まで使ってた G4 Mac と同等かウルサイくらいです。

                      後日、静かになるようカスタマイズしてみたいと思います。

                      次は、追加した HDD のパーテーション切りです。

                      純正の『ドライブ設定』を使って簡単にできました。

                      250GB 追加したので、100GB・100GB・50GB(実際には数値は小さくなるので92.76GB・92.76GB・47.33GB)って感じに 3つに別けて、とりあえずのバックアップはココにしていきます。

                      次は、使ってた Mac からのアプリ&データ移行です。

                      データが多いので、これが時間かかります。
                      外付け HDD を使ってアプリ&データ移行させました。

                      以前使ってた時と同じような場所に移行させ、デスクトップも以前と同じようにしましたので、以前同様に使えます。

                      アプリの立ち上がりやデータが壊れてないか動作確認すると、ほとんど問題なかったのですが、Fireworks だけ起動時に ID を求められました。

                      コレは入力すれば OK でした。

                      最後に、使ってた Mac から SCSI ボードを移設しました。

                      SCSI 接続は殆ど使わないのですが、私のより古い Mac 環境からデータを移すために持っている、SCSI の外付け HDD や、スキャナーを動かすために SCSI ボードを付けます。

                      コレも問題なく装着・認識できて、動作確認も問題なかったです。

                      SCSIボードをセット中

                      これで移行作業は終了、今までどおり Old Mac 環境は使えます。

                      バリバリ使っていきますよ〜

                      「ジャ〜ン」の起動音から使えるようになるまでの時間が短いですね。
                      以前のも良かったけど、更に使えるMacになりました。

                      あとは使いながら各ソフトのセッティングをしていこうと思います、デフォルト状態に戻っているでしょうから。

                      ブラウザーのブックマークが一番面倒かな?
                      OS9 は IE だけですが、OS X は IE 以外に safari や FireFox などありますしね。

                      Appleシステム・プロフィールでアプリケーションを見たら、重複してるのが結構あったんで、それもいらないのは削除しておこうと思います。

                      多少は軽くなりますしね。
                      SimpleTextなんて6個もありましたよ。

                      ちなみに今使っている Mac・PC 環境のスペックは下記のとおりになりました。

                      Mac
                      アップル Power Mac G4 MDD(M9309J/A)(2012年 9月購入)
                      CPU:1.25Ghz デュアル
                      OS:9.2.2&10.4.11
                      メモリ:2GB
                      内蔵 HDD:純正 80GB+250GB

                      PC
                      ONKYO S713A3(2011年 7月購入)
                      CPU:インテル Core i3-530 プロセッサー
                      OS:Windows 7 Home Premium 64ビット
                      メモリ:2GB → 8GB(2013年 6月増設)
                      内蔵 HDD:320GB

                      外付け HDD
                      BUFFALO HD-LB500U2(2012年 1月購入)
                      BUFFALO HDX-LS500U2/V(2013年 4月購入)

                      どれもハイスペックではありませんが、動作が安定して使えるのがイイとこです。