イイ店見つけた!リピート・繁盛するお店はココが違う

2014.07.17 Thursday

0
    ブランディング

    28デザインワークスは、珈琲屋さんのお仕事で、毎日コーヒーの写真を撮っています。

    珈琲だけでは飽きてきますので、小道具としてスイーツやパンを一緒に撮ることがあります。

    で、なんだかんだで、週に 1度はスイーツ屋さんかパン屋さんに行くわけです。

    数軒を何回も通っているうちに、(お客さん目線で商売的に)「もっとこうしたらイイのに」って思うことがよくあるのですが、そういうことがないお店に当たりました。

    ・経験上なのか?
    ・28デザインワークスのようなデザイン屋さんが携わっているのか?
    ・コンサル会社が携わっているのか?

    事情は分かりませんが、チョット聴いてみたいところです。

    ライバルが多い中で、リピートしてもらおうと思うと、味が良いのは当たり前で、プラスαが必要なんですよ。

    このお店、私が「残念だなぁ」と思うお店と、具体的に何が違うのか?というと、

    1)ショップカードや紙袋がちゃんとデザインしてある!
    2)ポイントカードを用意していて、ハンコを最初に1つサービスしている!
    3)レシートに商品名がプリントされている!

    ということなんです。
    実は、28デザインワークスが仕事で携わるお店には、提案していることです。

    1)ショップカードや紙袋がちゃんとデザインしてある!ということは、

    ・お店やブランドのイメージを大事にしている
    ・イメージアップに貢献
    ・雰囲気作りを意識している
    ・店名やブランド名を覚えてもらおうとしてる

    ということです。

    安っぽい包み紙やコンビニみたいな袋を使っていたり、デザインが甘かったり、簡素な印刷物のフライヤーやショップカードを使っていては、安っぽくてイメージダウンに繋がるわけです。

    高価であったり上品なケーキやパンを扱うお店では、あってはならないと思うんですが、こういうお店って意外とあるんですよ。

    コスト削減のつもりかもしれませんが、『エコ』というプラス要因より、『安っぽい』というマイナス要因の方が大きいと思います。

    2)ポイントカードを用意していて、ハンコを最初に 1つサービスしている!というのは、リピーター作ることを意識しているんだと思います。

    最初に 1つでもサービスでハンコが押してあると、多少かもしれませんがポイントを集めやすくなりますよね。

    「チョット得してもらおう」「通ってもらうキッカケになれば」ってことだと思います。

    3)レシートに商品名がプリントされている!というのは、お客さんが商品を持ち帰って、「このケーキ何って名前だっけ?」ということが防げるんです。

    お客さんに商品名を覚えてもらったり、SNS やブログなどに写真をアップする際も、商品名を掲載しやすくなるんです。

    クチコミなどでも広まりやすくなりますよね。

    お店の中で写真を撮られることも防げますし。

    こういったことって、お客さん目線になれば解ることなんですが、できてるお店って中々ありません。

    今回見つけたお店は、通っているうちに何か不満が出たり気づいたりするかもしれませんが、当面リピートしますよ、28デザインワークスは^^


    → ブランディング関連業務に戻る
    1