プリウスのマーキング施工

2010.10.04 Monday

0
    マーキング施工したプリウス

    先日、お客様が営業車として使っているプリウスのカラーリング・デザインをして、ステッカーを施工してきました。

    ちょっと可愛く・ちょっとスピード感・控えめに目立つ・一般的な営業ではない感じ・イベント会場でも映える、といったキーワードからデザインしていて、オレンジ色のロゴが映えるよう下地はボディ色の白色を生かすようにしました。

    視認性を上げるため、社名は少し太くしています。
    お客さんの前で Mac を操作して、確認しながら作業しましたので結構こだわってます。

    今回はボンネット・側面・バックドアにはグラフィック出力で作ったロゴマーク、屋根・Bピラーにはカーボン柄ダイノックフィルムの施工でした。

    カーボン柄ダイノックフィルムは人気ありますね。
    屋根やボンネットに施工する人が多いです。

    完成図を見て、お客さんと確認しながら作業を進めていったのですが、ロゴステッカーは大きなものばかりなので、位置決めや貼付け作業に苦労します。
    ボンネットに施工したもので横幅 1m あるんですよ。

    ステッカーを貼り付ける作業は難しくないのですが、面積が広いと、それなりに時間がかかりますね。

    ステッカーを貼り付ける前には、クルマに余計なキズがつかないようマスキング作業しますし、今回は邪魔になるハイブリッドマークのバッチを取り外す作業もありました。

    外したバッチ

    バッチは再利用するため、壊さないよう慎重に取り外しました。
    この手のバッチってプラスチック製なんですが、意外とフニャフニャで柔らかいんですよ。

    カーボン柄に施工したBピラー

    天気に恵まれたせいもあるのですが、屋根の施工もチョット大変でした。
    屋外の作業ですとありがちなんですけどね。

    アンテナ部分の処理まではよかったのですが、シワのできないようにダイノックフィルムを置くのに苦労しましたよ。

    天気に恵まれ気温が上がったので、位置が決まらないうちにシートが引っ付いたりして焦りました。
    バックドアとの隙間にも屋根から 1枚もので貼っていますので、隙間を覗いてもカーボン模様が見えますよ。

    カーボン柄に施工した屋根

    ドアとフェンダーとの隙間も、斜め前や斜め後ろから施工部分を見たとき、余計な塗装面が見えて見苦しくならないよう、ステッカーを(ドア側もフェンダー側も)内側に折返して貼っています。

    この方が見た目が綺麗なので、私はできる限り内側に折り返すようにしています。

    何箇所か苦労しましたが、日が暮れないうちに無事施工完了しました。
    チョット個性的な営業車が完成しましたよ。


    コメント
    コメントする
    トラックバック
    ブログのランキングサイトなんか調べて見ると、ここにもプリウスについて書かれた記事沢山ありました。気になるブログを掲載します。プリウスのマーキング施工 | 28DesignWorks*28デザインワークスマーキング施工したプリウス.先日、お客様が営業車として使っているプ
    • プリウス
    • 2010/10/05 9:06 AM
    この記事のトラックバックURL