炭素材料研究会いってきた

2013.02.06 Wednesday

0
    炭素材料研究会

    今季 3回目の炭素材料研究会にいってきました。

    場所は前回と同じ刈谷市の愛知県技術開発交流センター。

    今回も講演は 2つで、
    1)『直接射出成形法による炭素繊維高強度製品製造技術』
    2)『炭素材料の可能性について』
    でした。

    1) は東芝機械株式会社 射出成形機事業部 技術部 部長 小池氏による、射出成形機とそれで作った CFRP 製品の紹介でした。

    射出成形機で作られたカーボンを含んだ製品と、従来の金属製品との比較がヨカッたです。
    サンプル品も見せて頂きました。

    2) は兵庫県立大学大学院工学研究科 物質系工学専攻 准教授 松尾氏による、グラフェン系炭素材料の話や、高分子材料との複合化、薄膜化、三次元架橋構造を持つ新規多孔体の合成と、それらのエネルギー貯蔵材料等への応用例の説明でした。

    こちらの話は分子レベルの話のようでチンプンカンプンでした(汗
    nm なんて単位がよく出てきてましたよ。

    まぁ、これでコレで今季の炭素材料研究会は終了です。
    また開催されるようなら参加したいですね。
    年末頃になるのかな?


    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL