ペンタックス Optio LS465 使ってみました

2013.05.20 Monday

0
    ペンタックス Optio LS465

    1ヶ月ほど前に書いたのですが(GX200 に不具合キマシタ)、愛用のカメラ『リコー GX200』に不具合が出たため、つなぎの意味で新しいのをゲットしました。

    ペンタックス Optio LS465 です。
    ごく普通のコンデジです。

    いや、普通ではないです。
    非常に小さいです。
    ちょっと困るくらいに(汗

    転売の可能性もあったのでゲットしてから放っておいたのですが、使う機会が来たのでセッティングしました。

    いやその前に、まずプロテクションフィルムを貼りました。
    液晶画面と前面の指が触れる部分に、クルマ用のプロテクションフィルムですけどね。

    透明度も問題ないし、剥がすときも綺麗で楽ですからね。
    (液晶保護のフィルムは付属してないんです。)

    ペンタックス Optio LS465

    その後、ひと通り取説に目を通して各種の設定をしたのですが、各ボタンが押しにくいですね。
    慣れないと、爪で押すような感じです。

    100 × 45mm くらいのサイズの右側に、操作ボタンを集中させているのでしかたないんですが、シャッターも押しにくいです(汗

    親指の居場所がないので、気をつけないとシャッターを押す時に、操作ボタンを押してしまいます。

    慣れるしかないでしょうね。
    あまり気にせず入手しましたが、これほど小さいとは思ってませんでした。

    手の中に収まりますからねぇ。
    スマートフォンのカメラ部分を抜き出した感じがしてきましたよ。

    で、試しに撮ってきた写真は下記になります。
    興味あるかはご覧ください。

    全ての画像は
    ホワイトバランス:太陽光
    感度:ISO 64(オートに設定してましたが、結果的に)
    です。

    撮影時は曇っていて、時折、日差しがあるような天候でした。

    レタッチは、明るさとシャープさとナンバー消し、リサイズのみです。
    色味は触っていません。


    GX200 と大きく違う点は

    ・画素数が大きい(LS465 は 1600万、GX200 は 1210万)
    ×
    ・Raw 撮影ができない
    ・水準器がない
    ・素子が小さい(LS465 は 1/2.3、GX200 は 1/1.7)
    ・レンズが暗い(LS465 は F3.9-F6.3、GX200 は F2.5-F4.4)
    ・広角側が 28mm から(GX200 は 24mm から)

    といったところです。
    バッテリーの消費も速く感じました。

    ぼかすのが難しいですが、使いこなしたいと思います。
    そして、早く GX200 同等以上のカメラをゲットしたいと思います(汗

    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL