Yeah! リコー GX200 を修理しました

2013.06.03 Monday

0
    リコー GX200

    4月に CCD センサーにゴミの付着を見つけた愛機 GX200 ですが(GX200 に不具合キマシタ)、つなぎのコンデジ Optio LS465 も使い始めたことですし、ネットオークションで処分しようとしたところ、イイもの見つけちゃいました。

    それはお店の保証書です。
    オークションへの出品に向けてパッケージや取説を準備していたところ、メーカーさんの保証書だけでなく、お店の保証書があるのに気が付きました。

    メーカーさんの保証書は購入後 1年間しか有効ではないので、修理依頼すると有償だとばかり思っていましたが、お店のものは 10年間保証だったのです!!

    と言うことは無償修理の可能性が!!

    このことに気がついたのが、先月 20日。
    念のため電話で問い合わせたら、多分大丈夫というので、その日のうちにカメラを預けてきました。

    液晶ビューファインダーを外し、メディアカードを抜いて、バッテリーだけ入れた『素』の状態で持ち込みました。

    お店の人に、CCD の状態、購入時と比べてレンズの動きのレスポンスが悪くなった気がすることや、まだまだ使うので全体をチェックして欲しいことを伝えてきました。

    で、先週金曜に修理から帰ってきたという連絡をうけたので、土曜日に受け取ってきましたよ。

    カメラ修理票

    伝えておいた CCD センサーのゴミは除去され、レンズの動作も良くなってるようです。

    これはリフレッシュです!
    でも、設定が殆どイジられてましたので、またチマチマ再設定してました。

    フォーカス:スポット AF
    測光:スポット(夜景は中央)
    ディストーション補正:ON
    ノイズリダクション:ISO401 以上
    手ブレ補正:ON
    ISO AUTO-HI 設定:AUTO 200
    水準器設定:表示のみ
    画像確認時間:HOLD
    絞り自動シフト:ON

    やっぱり使い慣れた愛機はイイですね。

    まだまだ手放せません、GX200 は。


    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL