カメラをカスタマイズ!GX200 用レンズフードを自作しました

2013.06.24 Monday

0
    カスタマイズしたGX200

    愛機のコンデジ『リコー GX200 』ですが、修理から戻ってきて( Yeah! リコー GX200 を修理しました)愛着も増したことですし、とうとうカスタマイズに手を出してしまいました。

    屋外撮影用にレンズフードを作りましたよ。

    リコー GX200 には純正のレンズフードがメーカーから用意されているのですが、どうもカッコが悪い。


    実用的で性能はいいのでしょうが、質感・花形のフードがどうも気に入りません。

    ということで、ググってみたら自作してる人や別のモデルを流用してる人が結構いるのが解ったので、私もそれらの記事を参考に自作することにしました。

    用意したパーツは
    ・シグマ DP1 DP1s DP1x 用のフードアダプター HA-11
    ・リコー GX200 用前リング

    HA-11 と GX200 用前リング

    自動開閉式のレンズキャップを購入時より使っているので、GX200 用前リングは、不要になってた、購入時についてたものを使いました。

    作業は、HA-11 の内側を少し削って GX200 用前リングがハマるようにしたら、それらを接着剤で固定するだけです。

    チョットした DIY 作業で、下記のように作業を進めていきます。

    ・HA-11 の内側を削る
    ・位置だし
    ・接着

    ・HA-11 の内側を削る
    HA-11 の内径は GX200 用前リングの外径より少し小さい(差は 1mm もありません)ので、HA-11 の内側をヤスリで削って、ぴったりハマるようにします。

    GX200 用前リングは厚みが 6mm くらいありますが、全部入れ込む必要はありません。
    2〜3mm くらい入り込めば OK です。

    全部入り込んでしまっても、カメラのフラッシュ部分に当たって付かなくなりますよ。

    ・位置だし
    HA-11 とGX200 用前リングをカメラに装着し、フードの水平や出具合のイイ位置を確認して覚えておきます。
    私は GX200 用前リングの真下部分にペンでマーキングしておきました。

    ・接着
    HA-11 と GX200 用前リングの接着面を綺麗にして、汚しそうな部分をマスキングしたら、2液性の接着剤を使って接着しました。

    接着作業

    ここで HA-11 と GX200 用前リングが、位置出しの作業で確認した位置にきてないと、カメラに装着した時、残念なコトになりますよ^^;

    接着剤が乾燥後、GX200 に装着したのが一番上の画像です。
    撮影してケラレがないのを確認したら完成です。

    こういうカメラの楽しみ方もイイですね。


    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL