忘れてない?Win8.1をインストールしてからした設定2つ

2015.03.18 Wednesday

0
    Win8.1スタート画面

    先日、Win を 8.1 にしてみて、PC は、すこぶる調子が良いです。
    サクサク軽快に動いてますよ。

    マウスの右クリックから削除を選ぶと、Win7 のときは「ホントに捨てるの?」的なことを聞かれてましたが、Win8 は即ゴミ箱に入れてくれるのも新鮮に感じます^^

    PC の電源を入れて、パスワードを入れる画面の前に、1度画面をクリックしなきゃダメなのが、謎仕様ですが。

    28デザインワークスは BUFFALO のキーボードを使っているのですが、シャットダウンから起動の場合、NumLk が効かなくなるようになりました(Win7 のときはこんことなかったのに)。

    なので NumLk を有効にしてからパスワードを入れるようなりました。
    作業中に再起動したときは、NumLkの効いたままなんですけどね。

    考えてみると、Win8.1 の導入で時間がかかったり面倒くさかったのは、アプリが 8.1 にマッチしてるか?調べたり、インストールしたあとのアプリの設定だったりで、PC 自体はほとんど設定していません。

    個人用ファイルを引き継いで OS をアップデートしたのもあるかもしれませんが、設定したのはディスプレイの解像度と、オリジナルの壁紙だけです。

    で、気になったのですが(思い出したのですが)、Win7 のときは週に 1度、自動的にバックアップがされてました。

    「これはどうなっているのか?設定は引き継がれているのか?7 のときと同じように毎週同じ時刻に指定していた外付け HDD にされるのか?」
    というのと、

    「Win8.1 には省電力設定はあるのか?」
    というのが気になりました。

    Win7 では、電力をセーブする目的で『Windows PC 自動節電プログラム』で電源設定していました。
    ディスプレイの暗くなる時間や電源が切れる時間、PC をスリープさせる時間など設定していましたよ。
    ほかにも余計なパワー(メモリー)を使わないように、XP チックな見かけにしてました。
    『エアロ』なんて装飾効果も切ってましたよ。

    『Windows PC 自動節電プログラム』はマイクロソフトのサイトに用意してあって、PC にインストールすれば楽に電源設定できたんです。
    コントロールパネルを開いて『電源オプション』で個々の設定をするよりカンタンだったんですよ。

    ということで、2点の設定ついてググって調べてみました。

    バックアップは考え(システム)が変わりましたね。
    Win8.1 のバックアップは、コントロールパネル内の『ファイル履歴』で設定できます。
    (コントロールパネル > システムとセキュリティ > ファイル履歴でファイルのバックアップコピーを保存)

    デフォルト状態では『オフ』になってました。
    これは何かあった時のためにの設定しておく必要ありますよね。

    バックアップ先もバックアップするタイミングも設定できました。
    Win7 のときより詳細に設定できそうです。

    HDD がイッパイになったらどう教えてくれるのか?気になりますが^^;

    自動節電プログラムはありませんね。
    マイクロソフトのサイトには 8.1 の節電プログラムはありませんでした。
    コントロールパネルなどから『電源設定』を開いて設定するしかないようです。
    (コントロールパネル > ハードウェアとサウンド > 電源オプション)

    しかも、『バランス(推奨)』と『省電力(電力の消費を抑えますが、パフォーマンスは低下します)』の 2つから選ぶのがデフォルトです。
    自分でオリジナルのプランを登録できるのかもしれませんが、PC にはパキパキ動いて欲しいので、バランスに設定しました。

    ようは、触らなくて(デフォルトで)イイ箇所だったわけですね。

    とりあえず、PC の設定は終了ですよ。
    なにか忘れてるかもしれませんし、実施したほうが良い設定もあるかもしれませんが、あとは使ってて不具合が出たら、その都度見直すって感じにします^^


    → 28デザインワークスに戻る
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL