市販化はよ!トヨタS-FRが気になったよ東京モーターショー2015

2015.11.24 Tuesday

0


    今年は東京モーターショーの開催年で、先月 11月末から今月 12月 1週目まで開催されていましたよね。
    今回は 60周年だったんですよ、イベントも多かったんじゃないかな。

    でも、いつものことですが、私は見学に行かなかったです。
    人の多いところは苦手ですし、落ち着いて写真も撮れないでしょ^^;

    名古屋か大阪のモーターショーに行こうかと思っていましたが、日程のタイミングが微妙になってきました。
    展示台数も東京と比べると少なくなりますし、興味わく展示も無さそうなので、気分的には追い打ちですね。

    今年の東京モーターショーの展示で、私が自動車ユーザーの立場になって一番興味湧いたのはクルマは、トヨタの『S-FR』でした。
    趣味的要素が多そうなクルマですが、すでに今まで乗ってきたクルマとスペック・大きさの比較をしてしまいました。

    技術的にチョット注目したのはヤマハの『SPORTS RIDE CONCEPT』です。

    → SPORTS RIDE CONCEPT のサイト

    RTM成形なのか?連続繊維ではないカーボンで広い面積のパネルを作って、シャシーに使っていますよ。
    まだまだ広い面積の成形って難しいんですよ。
    その内部に金属製のフレームがあるのが?バイク屋さんらしさなのか?新しい技術にトライしているのが伺えます。

    前回の東京モーターショーはどうだったかというと、もう記憶にないです。
    印象に残ったクルマは無かったってことですね。
    ざっと PC の中を覗いても、写真すら出てきません(汗

    その前といいますと、スズキの『REGINA』が気に入って印象に残っています。
    800cc くらい排気量で『ケロヨン』ってキーワードが似合いそうな車両でした。

    特にこの頃から小排気量で、使いやすい・優れたユーティリティのクルマに興味もってます。
    私の現状で、ボディや排気量の大きなクルマは不要になっているからですね。
    でも、「荷物はたくさん積めるといいな」という感じが今も続いています。

    トヨタ S-FR は市販されるかなぁ?
    反響次第かなぁ?

    パッと見た感じでは、ヘッドライトにボンネットが被ってる感じがどう表現される(作られる)のか?気になりました。
    概ね生産に問題なさそうな感じですが、どうなんでしょうね。
    マツダ ロードスターやホンダ S660 のような 2シーター・オープンカーとも差別化(すみ分け)できて、セールス的にも問題ないんじゃないかと思います。

    トヨタさんが得意にしているハイブリット車じゃなく、『86』のようにレシプロエンジンで、FRとマニュアルミッション(またはスポーティーなオートマチックトランスミッション)の組み合わせが興味わきます。
    1,000cc 以下ですと更に^^

    2011年のスズキ REGINA は、「反響次第かも」って言われてましたが、生産されませんでした。
    これは人気なかったのかな?翌年にも見かけたので、何か検討や開発はあったのかもしれませんが。

    トヨタ S-FR にチョット期待しています^^






    → 28デザインワークスに戻る
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL