オスモOSMOはオススメ!ベニヤ板でもキレイに表面が仕上がるよ

2016.02.08 Monday

0
    店舗の外観

    昨年末から、お客様の店舗で使う什器をいくつかデザインして製作しています。
    機能や寸法を決め、ポンチ絵や図面を用意して、製作・納品って作業です。

    今年もいくつか納品予定なんですが、先週、第一弾としてカウンター・花器・出入り口のウィンドをイメチェン(納品)しました。

    28デザインワークスはカーボン製品が得意ですが、木工仕事も請けることあるんですよ。
    相談があれば適材適所の考えでデザインしているので、素材は選びませんよ。
    何でもかんでもカーボンというわけではありません^^

    木材製となりますと、仕上げに表面処理が必要になってきます。
    ワックスやらニスやら塗料やら何が良いのか?と検討する際に参考になるムービーを YouTubeで見つけたんですよ。
    DIY で木工仕事をしようとしてる人なんかは参考になりますよ。
    30種類の塗料がテストされ順位が付けられています。

    → 第1実験「無垢フローリングに最適な塗料はどれ?」



    このムービーを参考に、使う部位によって表面処理は使い分けることにして、一番贅沢にしたい部分・使用頻度の高い部分には『OSMO』のオスモカラーを選びました。
    OSMO は施工方法がサイトに掲載されているのもイイですよ。

    購入場所や価格も調べたのですが、この手の商品ってどこのお店も品揃えが欠品していたりして安定していないんですよね。
    お目当てのものを見つけたら即購入が良いのかもしれません。

    オスモカラーは初めて使ったのですが、1度塗りでは木目が活かせますし、2度塗りすればツヤがハッキリして塗装っぽく仕上がりました。
    木目はある程度確認できて予想通りのイイ感じです。
    このカウンターの天板と荷物置きはオスモカラーのウォルナットです。

    製作したカウンター

    オスモカラーにしろニスにしろ、仕上げ塗りの前には軽くペーパーを当てておくと、綺麗に仕上がりますよ。

    オリジナルで何か欲しい・作りたいってかたは相談ください。
    28デザインワークスは何かお役に立つかもしれません^^

    → 28デザインワークスに戻る
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL