カーボンとは違うね!木工製品のデザイン・製作で実感したこと

2016.06.20 Monday

0

     

    年明けからお客様の店舗用に什器の製作が続いていたのですが、そろそろ終盤になってきました。
    木工製品では、上記画像の壁面と一体化した棚・カウンター・シェルフが完成して、次は A型看板の製作に入ります。

     

    カーボン製品の製作や車両の組み立て・修理作業が長期に渡ることはありましたが、木工仕事が長く続くのは 28デザインワークスが始まって以来初めてです。

     

    デザインができれば製作は比較的カンタンな作業だと思っていましたが、何個か連続して作業してみて実感したことが少々ありました。

     

    一つは、今回は予算を抑えるため、基本的には合板の製作物になったのですが、表面の仕上げに使う塗料が意外と高価だったこと。

    もう一つ、合板の剛性が思っていたよりイマイチだったことです。

    この2点は、今後のデザインや見積りに反映していこうと思います。

     

    今回の製作物の表面仕上げは、見える部分すべてに施工だったので、結構な表面積になったんですよ。

    着色したい部分には OSMO社のオスモカラー、着色しない部分はクリヤーのニス仕上げで始まったのですが、途中から着色されたオイルを併用したり、重ね塗りの回数を減らしたりして、高価なオスモカラーの使用料を減らしました^^;

     

    天然の木材の製作物ならオイルで仕上げて済むので、仕上げにかかる材料費だけ比べると合板のほうが高そうですね。

     

    合板の剛性ですが、思っていたより物足らなくって、可動部の隙間が狙ったとおりにならなかったり、剛性感(シッカリした感じ)がイマイチだったりしました。

    合板って工業製品ですので精度がヨカッたり変形が少なかったりと思いがちですが、ちょっと信頼性が低いかも。
    とくに薄い板の場合は注意が必要ですね。

     

    作業しているとだんだん体感して分かってくるのですが、理解して慣れたところで木工仕事は一息つきそうです^^

     

    28デザインワークスはカーボン製品や工業製品だけでなく木工仕事も承りますので、相談や依頼がありましたら宜しくお願いいたします。

     

     

    → お問い合わせフォーム

     

    → 28デザインワークスに戻る

    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL