そのままじゃダメ!気配りしますよTシャツデザインの場合

2016.07.11 Monday

0

     

    先日、コーヒー屋さんの『ロゴ T』を作らせていただいたんですよ。
    メッセージ Tシャツみたいな感じです。
    数点、デザインを提案して、その中からデザインは決まりました。

     

    デザインする際、気にしていたことがあります。
    今回つかうロゴマークは当店、28デザインワークスでリニューアルしたものなんですが、文字に細かい部分があるんです。


    実際にその部分が「Tシャツにプリントされると、どうかなぁ?問題ないかなぁ」と思っていて、なるべくロゴマークは大きくプリントできるようにデザインしていたのですが、実際にレイアウトしてみると、メッセージ部分の大きさの兼ね合いもあって、ロゴマーク部分は思ったほど大きくできませんでした。

     

    何が問題というかというと...
    Tシャツって繰り返し洗濯しますよね。
    ということで、プリント部分は丈夫なほうがイイです。
    また、プリント作業の都合もあって、細い部分は最低でも 2mm の太さをキープしたかったんです。

     

    例えば当店、28デザインワークスのロゴマークなら、太めの文字を採用しているので、相当小さくしないと文字の部分が 2mm 以下になることありません。
    これなら深く考えずデザイン・製作しても問題なさそうです。

     

    しかし、今回のコーヒー屋さんのロゴマークの場合は細かい部分があって、その部分は何も考えずレイアウトすると 1mm も太さありません(汗

     

    1mm くらいの細さですとプリント作業に気を使いますし、上手くプリントできても弱々しいです。
    しかも、数回洗濯したら剥がれて無くなりそうな気がします^^;

     

    で、対策。
    それで、どうしたかと言いますと、オリジナルのままでは細くて頼りなさそうな部分を、2mm 程度に太くしました。
    Link Coffee の、k・C・eの一部です。


    オリジナルのロゴマークの雰囲気を損ねないように配慮しつつ、調整をしたわけです。

    そうすることで、長期間キレイな状態で Tシャツを使うことができるわけです。

     

    こういう気配りはよくあるんですよ。
    28デザインワークスの場合、例えばマーキングフィルム(カッティングシートなど)でクルマに貼るための切り文字ステッカーを作るとき、細すぎる部分があれば太くしたり、鋭角な部分があれば丸く R にしたりしています。

     

    そうすることで洗車に強く、剥がれにくくなるからです。

     

    また、ロゴマークなどを貼る際、貼る面・背景が非常に濃い色だったり、複数の色でゴチャゴチャしていて、ロゴマークが細く見えたり、本来の印象が変わって見える場合には、全体的に太くすることもあります。

     

    ロゴマークって何も考えずオリジナルのまま使うばかりではありません。
    ロゴマークの形状を調整することで、オリジナルとは多少形状が変わってしまいますが、本来の印象が変わってしまったり、製作物の耐久性が落ちると判断した場合は、『オリジナルの雰囲気を損ねないように配慮しつつ調整』なら OK としています。28デザインワークスの場合は。

     

    これは F1 マシンに貼られている様々なロゴマークと同じ考えなんですよ。


    どんな状況でも調整なしで使えるロゴマークは、デキが良い!ってことなんですけど、そういうロゴマークや使用条件ばかりではありませんのでね^^

     

     

    → 28デザインワークスのデザイン&ブランディングに戻る

    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL