カーボンの現状と今後!炭素繊維応用技術研究会いってきた

2016.09.05 Monday

0

    炭素繊維応用技術研究会

     

    先週、今季 1回目の炭素繊維応用技術研究会に参加しました。

     

    場所は、ウインクあいち。

     

    講演は 2つで、

    1)岐阜大学工学部 機械工学科次世代金型技術研究センター 教授 仲井氏による、『連続繊維強化熱可塑性樹脂複合材料の高速成形技術』

     

    2)金沢工業大学大学院 工学研究科 教授 影山氏による『自動車産業における CFRP の適用状況と今後の展望』

    でした。

     

    1)の話では、実際に現場で採用されているハイサイクル成形の紹介があり、参考になりました。


    数種類の成形法があるので、成形品の形状によって使い分けるとイイのかな。

    中間材料や樹脂の開発が進んでいるのを実感しますね。

     

    2)の話は自動車業界の CFR(T)P 普及の現状と今後の展望・課題といったことでした。

     

    トヨタ自動車で LFA の開発に携わったかたの話でしたので、クルマ開発のリアルな感じがありました。
    カーボン以外の複合素材として、木材やセルロースナノの話も出てきましたよ。

     

    今季も先端技術のお話が聴けるのはイイですね。
    炭素繊維応用技術研究会以外にも何か良さそうな会があれば参加して、アイデアの引出しが増えるようにします^^

     

     

    → 28デザインワークスのカーボンコンポジット業務に戻る

    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL