チョコレートも奥深いよ!桑名ほんぱくでショコラテイスティング

2016.10.17 Monday

0

    桑名ほんぱくでショコラテイスティング

     

    「ショコラのテイスティングと工房見学ができる!」という情報をキャッチしたので、先週ですが行ってきたんですよ。
    『桑名ほんぱく』という桑名市主催の『地域体験プログラム』に参加という形ですけどね。

     

    場所は三重県桑名市の『フェーヴ・ド・カカオ(Feve de cacao)』という、チョコレートやチョコを使った焼き菓子を製造販売しているお店です。

     

    このお店は、以前よく買い物をしてて、ひと通り商品は食べています。
    味と安全にコダワッた『美味しいお菓子のあるお店』ということを知っていますので、お話は信用できるでしょう。

     

    最近、28デザインワークスは飲食店のかたと話をする機会もありますし、興味があるので参加してきたわけです。
    現在、コーヒー屋さんと付き合いがあるので、「どういう違いがあるか?」「仕入れたカカオがどうお菓子になっていくのか?」興味があるわけです。

     

    チョコレートってカカオから作られるわけですが、カカオの栽培やチョコレート作りの工程は、コーヒー作りと似ているところがあるんですよ。

     

    プログラムは 1時間半と短めで、内容は殆どチョコレート作りの座学です。
    後半にショコラテイスティング、最後に工房(厨房)見学でした。

     

    お話をしてくれたのは、お店のオーナーショコラティエールでしたので、海外の本場の話が聴けたのが良かったですよ。
    スーパーで売られている商品とはどう違うのかって話もありました(これもコーヒーに似たこところがありますね)。

     

    ショコラテイスティングは全 11種をいただきました。
    上記写真がそれでして、参考までに

    • ホワイトチョコ
    • ミルクチョコ
    • ダークチョコ(カカオ 53%)
    • シンガポールのチョコ
    • コロンビアのフィノデアロマ
    • トリフ 3種(カカオの含有量が違い、1つは黒蜜で甘みをつけたもの)
    • カカオ豆 2種(産地が違う)
    • カカオマス(カカオ 100%)

    コーヒーのテイスティングよりも、味の違いは分かりやすいですよ。

    こういうのに参加すると少しは知識の引出しが増えるので、機会があれば、また行きたいですね。

     

     

    → 28デザインワークスのホームページに戻る

    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL