CFRPに適した熱可塑樹脂・切削工具!炭素繊維応用技術研究会にて

2016.12.08 Thursday

0

    カーボンに適した熱可塑樹脂・切削工具とは!炭素繊維応用技術研究会にて

     

    先週、今季最終回の炭素繊維応用技術研究会に参加しました。
     
    場所は、ウインクあいち。
     
    講演は 2つで、
    1)名古屋大学 客員教授/一般社団法人強化プラスチック協会会長 邉氏による『次世代車体構造用炭素繊維強化熱可塑性複合材料の開発と課題』
     
    2)オーエスジー株式会社 デザインセンター開発グループ グループリーダー 辻村氏による『CFRPの切削加工技術と最適工具の選定』でした。
     
    1)の話では、「様々な熱可塑樹脂とカーボンが組み合わせられテストされているなぁ」と実感しましたよ。
    ナイロンとの組み合わせもありました。

    それらの性能比較も興味深かったです。
     
    熱可塑樹脂を使ったカーボンのお話が殆どで、CFRTP と CFRP との比較、成形方法はプレス成形と VaRTM に触れていました。

    今後はまだ不明瞭な性能を明確にしたり、新しい成形方法を開発していくようです。

     

    熱可塑樹脂とカーボンの組み合わせは確立されつつあるのも実感しました。
    以前はコストや成形時間が大きな問題でしたが、徐々に解消されていますよ、多分^^
     
    2)の話はドリルなどカーボン用の切削工具の話で、オーエスジー(株)の製品は良いよ!ってことでした^^

    良好な工具と切れなくなった工具の加工面の比較や、求められている条件とそれに対応するための開発の話とか聴けました。

     

    単なる穴あけ作業も『科学的』というと大げさかもしれませんが、「よく考えられているんだな」と改めて気づきました^^

    工具の良し悪しは、作業効率やコストに関係してくるので、カーボン製品を大量生産したり大量に組み立てしている企業には問題でしょうし。
      

    今回も、今後のカーボン業界や関連技術の現実味とか、近い将来どうなっていくか?といった話が聴けました。

     

    少しはアイデアの出しが増えて、28デザインワークスの業務に貢献できるかな。
    新しい技術の研究開発にも携わりたいですね。
     
     
    → 28デザインワークスのカーボンコンポジット業務に戻る

    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL