JPS講演会で著作権・肖像権・権利と法律の話を聴いてきました

2018.08.27 Monday

0

    写真の著作権がわかれば肖像権なんか怖くない!写真にまつわる権利と法律の話

     

    6月のことですが、写真の著作権がわかれば肖像権なんか怖くない!写真にまつわる権利と法律の話という講演を聴いてきました。

     

    昔に比べて、SNS の普及・スマートフォン(カメラ付き携帯電話)の普及が進み、写真を撮る側のマナーや権利、撮られる側の権利について話題になることが増えてきているのを感じていますのでね。

     

    一部の撮り鉄さんが迷惑行為をしたり、インスタ映を狙った人が周りに迷惑をかけていたりって話は、誰でも聴いたことがあると思います。

    撮影や写真の使い方の勉強になって、疑問や迷いを解消できるかなと思いまして。

     

    講演の主催は公益社団法人日本写真家協会(JPS)です。

     

    場所は、名城大学ナゴヤドーム前キャンパス・DSホール。

     

    2部構成で、

    一部は「著作権と肖像権、プライバシー権」について。

    講師は、弁護士の近藤氏。

     

    二部は「写真コンテスト応募要項の問題点」について「状況別に考えるスナップ写真」実践ガイド。

    講師は、『アサヒカメラ』編集長の佐々木氏・弁護士の近藤氏・写真家の加藤氏。

     

    一部では、著作権とは?肖像権とは?プライバシー権とは?といったことを、具体例を交えてお話。

    元プロサッカー選手の事例も聴けました。

     

    二部では、コンテストの応募要項について、解釈とか問題点とか。

    応募者の利益・不利益とか、写真撮影のルール・マナーとか。

     

    アサヒカメラ誌で起きた実例や、ネット上で話題になったこと・案件を例に上げて説明されていました。

    この講演で、初めて知ったことも多々ありました。

     

    また、状況(シチュエーション)で権利の扱いが変わってくることも。

     

    • 一般の人が写っている場合
    • 有名人・プロスポーツ選手が写っている場合
    • 目線のある・なし
    • 写真の大きさの何%くらい?人が写っているか?
    • 撮影場所

     

    とかね。

    ケース・バイ・ケースってこともありますが、特に人物を撮る(人物が写り込んでる)ってことは難しいとか、配慮が必要だなと感じました。

     

    無料の講演でしたが、実際にあった案件を紹介しているため、具体例が写っているスライドなどは撮影 NG でしたよ。

    それだけ、具体的な話が多くて勉強になりました。

     

     

    → 28デザインワークスのデザイン&ブランディングに戻る

    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL