カーボン関連の開発は進む!炭素繊維応用技術研究会いってきた

2016.10.24 Monday

0

    炭素繊維応用技術研究会

     

    先週、今季 2回目の炭素繊維応用技術研究会に参加しました。
     
    場所は、ウインクあいち。
     
    講演は 2つで、
    1)東レ株式会社 複合材料研究所 主任研究員 坂田氏による、『炭素繊維複合材料の技術展開 航空機用途を中心に』
     
    2)特定国立研究開発法人産業技術総合研究所 構造材料研究部門 無機複合プラスチックグループ 研究グループ長 堀田氏による『CFRP成形へのマイクロ波プロセスの適用化とその特徴』でした。
     
    1)の話では、航空機に用いられるカーボン製品の現状・要求される特性・条件や、東レさんがこれからリリースする、新しいカーボンの話が参考になりました。

     

    今後の自動車産業への適用への話もありましたよ。
    その中ではフォーム状のカーボンにも触れていました。

     

    新しい材料の話が聴けるのはイイですね^^

     

    主に航空機に使われるプリプレグや VaRTM での成形、自動車に使われる熱可塑用のカーボンなど、研究開発はとどまらないのが伝わってきます。
     
    2)の話は研究中の成形方法の話でした。
    カーボンの成形にマイクロ波を用いると、製品の性能や成形スピードなどにメリットがあるそうです。
     
    実用化には至ってないようでしたが、今後どうなっていくのか?ちょっと興味わきますね。
    現状でもカーボン関連は色々問題や新しい要求が出てきてますので、開発スピード・コストが問題でしょう。
     
    今回も、今後のカーボン業界や関連技術の現実味とか、近い将来どうなっていくか?といった話が聴けました。


    少しはアイデアの出しが増えて、28デザインワークスの業務に貢献できるかな。
    新しい技術の研究開発にも携わりたいですね。
     
     
    → 28デザインワークスのカーボンコンポジット業務に戻る

    チョコレートも奥深いよ!桑名ほんぱくでショコラテイスティング

    2016.10.17 Monday

    0

      桑名ほんぱくでショコラテイスティング

       

      「ショコラのテイスティングと工房見学ができる!」という情報をキャッチしたので、先週ですが行ってきたんですよ。
      『桑名ほんぱく』という桑名市主催の『地域体験プログラム』に参加という形ですけどね。

       

      場所は三重県桑名市の『フェーヴ・ド・カカオ(Feve de cacao)』という、チョコレートやチョコを使った焼き菓子を製造販売しているお店です。

       

      このお店は、以前よく買い物をしてて、ひと通り商品は食べています。
      味と安全にコダワッた『美味しいお菓子のあるお店』ということを知っていますので、お話は信用できるでしょう。

       

      最近、28デザインワークスは飲食店のかたと話をする機会もありますし、興味があるので参加してきたわけです。
      現在、コーヒー屋さんと付き合いがあるので、「どういう違いがあるか?」「仕入れたカカオがどうお菓子になっていくのか?」興味があるわけです。

       

      チョコレートってカカオから作られるわけですが、カカオの栽培やチョコレート作りの工程は、コーヒー作りと似ているところがあるんですよ。

       

      プログラムは 1時間半と短めで、内容は殆どチョコレート作りの座学です。
      後半にショコラテイスティング、最後に工房(厨房)見学でした。

       

      お話をしてくれたのは、お店のオーナーショコラティエールでしたので、海外の本場の話が聴けたのが良かったですよ。
      スーパーで売られている商品とはどう違うのかって話もありました(これもコーヒーに似たこところがありますね)。

       

      ショコラテイスティングは全 11種をいただきました。
      上記写真がそれでして、参考までに

      • ホワイトチョコ
      • ミルクチョコ
      • ダークチョコ(カカオ 53%)
      • シンガポールのチョコ
      • コロンビアのフィノデアロマ
      • トリフ 3種(カカオの含有量が違い、1つは黒蜜で甘みをつけたもの)
      • カカオ豆 2種(産地が違う)
      • カカオマス(カカオ 100%)

      コーヒーのテイスティングよりも、味の違いは分かりやすいですよ。

      こういうのに参加すると少しは知識の引出しが増えるので、機会があれば、また行きたいですね。

       

       

      → 28デザインワークスのホームページに戻る

      新しい発見あるね!N+(エヌプラス)でカーボン関連を見てきた

      2016.10.03 Monday

      0

        エヌプラス〜新たな価値をプラスする材料と技術の複合展〜

         

        先週は東京へ行ったのですが、『エヌプラス〜新たな価値をプラスする材料と技術の複合展〜』も覗いてきました。

        これに足を運ぶのは 4年ぶりで、会場は東京ビッグサイトです。

         

        併催で

        • EVEX(EV・PHV普及活用技術展)2016
        • 水素ステーション・インフラ展(Hy-STEX)2016
        • 衛星測位技術展(SATEX)2016
        • フードシステムソリューション(F-SYS)2016
        • フードセーフティジャパン(FSJ)2016
        • フードファクトリー2016 食品工場改善設備展

        も開催されてて、同時に見ることができます。

         

        カーボン関連を中心に「何か使えるものないかなぁ?」という感じで、1時間ほどブラブラしてきました。
        以前はカメラでの撮影は NG でしたが、今回は OK でしたのでヨカッタです。

         

        ひと通り見回って思ったのは、「大手メーカー以外でカーボン繊維を開発している企業が案外多いな」って。
        何社かありましたよ。
        どのくらいのロットで購入できるのか?価格は?といったことが気になりますね。

         

        地味なことでは、コア素材やボルトなどモノを作る際、「目立たないけど、ないと困る・抜きではできない」って材料にも、新開発されてて初めて見るものや、知らなかった製品・企業がありました。

         

        やっぱり展示会はソコソコの頻度で足を運ばないとダメですね。
        開発スピードが早いものには、ついていけなくなります^^;
        どんな展示会にも出展している企業もありますが、絞込んで出展している企業もありますしね。

         

        色々見られて、「少しはデザインの引出しが増えたんじゃないか」と思います。
        次回も覗きたいですね。
         


        → 28デザインワークスのホームページに戻る

        珈琲好きのあなたは行くべき!スペシャルティコーヒーのイベントSCAJ2016

        2016.09.30 Friday

        0

          SCAJ2016(SCAJワールドスペシャルティコーヒー カンファレンス アンド エキシビション2016)

           

          今週は東京へ行ってきました。
          その中の用事の一つ、スペシャルティコーヒーのイベント『SCAJ2016(SCAJワールドスペシャルティコーヒー カンファレンス アンド エキシビション2016)』を覗いてきました。
           
          場所は、東京ビッグサイトです。
           
          コーヒー豆・器具の展示、バリスタさんや珈琲の淹れ方の競技なども見られるのですが、中に入ると活気が凄く伝わってきますよ。
          コーヒーメーカー・コーヒー器具や用品メーカー・コーヒーショップ、それらのファン・お客さん、コーヒーの関係者で賑わっています。
          また、コーヒーの売込みは世界各国の産地から来てますので、色んな言語が聞こえてきます。

           

          現在 28デザインワークスは、コーヒー屋さんとのお付き合いがありますので、印刷物やパッケージなど色々見て資料を集めに行ったわけです。

          コーヒーの試飲もしてきました。
          人気のあるショップは行列ができてますよ。

           

          コーヒーってパッと見はどれも同じような感じなんですが、産地や農園・気候や品種、焙煎具合・淹れ方などによって味が変わってくるので、奥深い飲み物なんです。

           

          この日は、別の会場でクルマ作りの材料と技術の展示会も覗いたのですが、これに比べると見た目がお洒落な展示が多いですし、見に来てる人も楽しそうです^^

           

          これだけ大規模な展示は年に 1回だけなので、コーヒー関係者やコーヒー愛好家の皆さんは行ってみると良いでしょう、オススメです。

           


          → 28デザインワークスのホームページに戻る
           

          カーボンの現状と今後!炭素繊維応用技術研究会いってきた

          2016.09.05 Monday

          0

            炭素繊維応用技術研究会

             

            先週、今季 1回目の炭素繊維応用技術研究会に参加しました。

             

            場所は、ウインクあいち。

             

            講演は 2つで、

            1)岐阜大学工学部 機械工学科次世代金型技術研究センター 教授 仲井氏による、『連続繊維強化熱可塑性樹脂複合材料の高速成形技術』

             

            2)金沢工業大学大学院 工学研究科 教授 影山氏による『自動車産業における CFRP の適用状況と今後の展望』

            でした。

             

            1)の話では、実際に現場で採用されているハイサイクル成形の紹介があり、参考になりました。


            数種類の成形法があるので、成形品の形状によって使い分けるとイイのかな。

            中間材料や樹脂の開発が進んでいるのを実感しますね。

             

            2)の話は自動車業界の CFR(T)P 普及の現状と今後の展望・課題といったことでした。

             

            トヨタ自動車で LFA の開発に携わったかたの話でしたので、クルマ開発のリアルな感じがありました。
            カーボン以外の複合素材として、木材やセルロースナノの話も出てきましたよ。

             

            今季も先端技術のお話が聴けるのはイイですね。
            炭素繊維応用技術研究会以外にも何か良さそうな会があれば参加して、アイデアの引出しが増えるようにします^^

             

             

            → 28デザインワークスのカーボンコンポジット業務に戻る