期待しちゃうね!トヨタS-FRはコンパクトなスポーツカー?

2016.04.25 Monday

0
    トヨタ S-FR

    昨年開催された東京モーターショーで展示されてた『トヨタ S-FR』が、名古屋駅前のミッドランドスクエア内にあるトヨタ自動車ショールームに期間限定で特別展示されると聞きましたので、先週見てきました。

    どのくらいの品質で作られたショーモデルなのか?気になりますし、久々にトヨタ車で欲しくなったクルマでしたので。

    実車を眼の前にすると、パッと見、凄く小さいという感じはしないものの、ロングノーズ(ボンネットが長い)& ショートテールが印象的です。
    「エンジンの直後で運転するなぁ」と感じました。
    運転席には座れなかったのですが、アイポイントは低そうです。

    これに近いレイアウトですと、ホンダの S2000 とかマツダのロードスターを連想しますが、2シーターではないので日産フェアレディ Z っぽいかな、サイズ感は違いますが。
    ルックスはトヨタ車だけあって大人しいので、飽きちゃうかも。

    ヘッドライトは何か仕掛けがあるのかな?
    点灯していないので不明ですか、表情のある顔を作ってますよね。
    角度によっては MINI っぽさも感じました。

    あと、エクステリアでいうと、各パーツ同士のクリアランスが攻めてますね。
    モックアップとか展示モデル?スタディ?として作られているのか、この展示車の位置づけが分かりませんし、各パーツがどういう素材で作られているのかも分かりませんが、バンパーとフェンダーはゼロタッチ、バンパーとボンネットは 2 か 3mm のスキです。

    公式に公開されているサイズは、
    • 全長:3,990mm
    • 全高:1,320mm
    • 全幅:1,695mm
    • ホイールベース:2,480mm
    と、これだけです^^;

    排気量は不明ですが、フロントミッドシップで後輪駆動。
    6速マニュアルミッションです。

    タイヤサイズは 195/60R16 でした。
    乗員は 4名ですが、後部は荷物置きですよ。

    気になるのは重量ですよね。
    1t は確実に切ってくれないと。

    とは言っても、販売されるんですかね?根本的なことですが^^;

    → トヨタ S-FR の写真 17枚


    → 28デザインワークスに戻る

    見たことある?珈琲の果肉Coffee flourコーヒーフラワー使ってみた

    2016.04.04 Monday

    0
      クッキーを仕込み中

      先日はクッキーを焼いたんですよ。仕事っぽくないですけど。

      「コレで何かできないかな?」ということで、ある食材をいただきました。
      食材って初めてで、28デザインワークスとしては異例^^
      新商品の接着剤やマーキングフィルム・道具などなら、こういうことありますけど。
      コーヒー屋さんとのつき合いがあって、たまたまなんですけどね。

      Coffee flour(コーヒーフラワー・コーヒーの粉)

      いただいた食材というのは、コーヒーの果肉を粉末にしたものです。
      コーヒーの果肉って通常は、珈琲豆を作る工程ではゴミとして捨てている部位です。
      ビジネスチャンスを狙っているんですね。

      海外では既に『Coffee flour(コーヒーフラワー・コーヒーの粉)』って名前で商品化されて流通していますが、日本では見たことないですよね。

      調べると、小麦粉の代わりに使えるらしいのですが、Coffee flour を使った料理やお菓子は見つかりませんでしたし、Coffee flour を知っている知り合いは居なかったので、クッキーを焼いてみたんです。

      粉末の状態では、きな粉とかパウダー状のブラウンシュガーみたいな外観で、生っぽい新鮮な香りがします。
      私はイチジクを想像したんですが、少し口に含むとクルミや穀物っぽい感じもします。

      クッキーのレシピはバターとハチミツを加えて、180度で 18分焼くだけです。
      比較用に、同じレシピで薄力粉でも作りました。

      Coffee flour(コーヒーフラワー・コーヒーの粉)を使ったクッキー生地

      いただいたコーヒーの果肉の粉に材料を加えて生地を作ると、コーヒーっぽいに色に変化しましたよ。
      意外にも、焼いている最中は『ゴボウ』のような香りが強烈にします^^

      味ですが、酸味を感じるコーヒー味がスゴイです。
      珈琲豆ではなく、くだものに当たる部分なのに!
      バターとハチミツ感は全くありません^^;

      食感は穀物のようなパサ付き・ザラザラ感があります。『The シリアル』って感じです。
      味の傾向を探る試作なので、とても美味しいわけではありませんが、通常のクッキーのように甘みや塩っ気を加えたり、小麦粉のような他の粉とブレンドすれば、味的には問題ないと思いました。

      Coffee flour(コーヒーフラワー・コーヒーの粉)で作ったクッキー

      この写真の中で一番美味しかった(食べやすかった)のは、コーヒー屋さんが作った丸いベージュ色(コーヒーの果肉 20%)のモノでした。砂糖も足してあります。

      ちなみに配合比は
      • 吹き出し形の一番濃い色のは、コーヒーの果肉 100%
      • 丸いベージュ色のは、コーヒーの果肉 20%(小麦粉 80%) 
      • 吹き出し形の一番薄い色のは、コーヒーの果肉 0%(薄力粉 100%) 

      近い将来、コーヒーの果肉を粉状にしたものや、それを使ったお菓子・食品が日本でも流通するかもね。
      お魚のマグロも、最初は捨ててる部位だったのが、現在は大人気の食材ですもんね。

      28デザインワークスは業界問わず、楽しいお仕事しますよ^^


      → 28デザインワークスのデザイン&ブランディングに戻る

      けっこう違うよ!オリジナルTシャツプリントの見積り比較

      2016.03.29 Tuesday

      0
        オリジナルプリントTシャツの見積り比較

        本格的な夏や Tシャツシーズンはまだ先ですが、半袖 Tシャツって暑くなってくる頃に着用してもらおうと思うと、遅くても春に告知や販売をしないと間に合いませんよね。販売競争もありますし。

        1年じゅう使えるので、年間通して販売しているお店もありますが、28デザインワークスの場合は夏になる前の春とか初夏、イベント用に製作ということで相談を受けることが多いです。

        先日、お手軽に Tシャツにプリントしてくれる会社を新たに見つけました(営業された)ので、今まで依頼したことのある会社やよく比較している会社と、価格やサービスを比べてみました。

        何か参考になれば幸いです。
        今回は 4つの会社を比べていますが、実際の仕事の場合はもっと多くの会社を比べることもあって、その中からお客様にベストなチョイスをします。

        (仮定した仕様)
        • 白色の Tシャツ Lサイズにロゴマークを黒色 1色でプリント
        • 印刷範囲は胸に 148mm×148mm の大きさでプリント
        • 数量が 3枚製作した場合と 10枚製作した場合の価格
        を比べてみます。
        印刷データは用意できているものとして、その制作料金は無視しています。

        1)過去に製作依頼したことのあるアパレル専門の印刷会社
        (結局、今のところ、ココに依頼することが多いです。)

        3枚の場合
        半袖 Tシャツ 5.6oz(632円)×3枚+製版代 3,240円+プリント代 1,728円=6,864円
        10枚の場合
        半袖 Tシャツ 5.6oz(632円)×10枚+製版代 3,240円+プリント代 173円×10=11,290円

        おすすめポイント
        取扱いTシャツ・アパレル商品の種類が安価なものからブランド品まで豊富にあって選べます。
        スクリーン印刷で高品質(印刷方法も選べますので、インクジェットに変更すればグラデーションがあっても対応できる)。

        注意ポイント
        製版代が必要(印刷サイズで変化)。
        数量が 9枚以下ですとプリント料金が一律で割高感がありますが、多ければ多いほど割安です。


        2)紙媒体への印刷が得意だけど、様々なモノへの印刷を取扱う大手印刷会社

        3枚の場合
        半袖 Tシャツ 5.6oz=4,200円
        10枚の場合
        半袖 Tシャツ 5.6oz=13,300円

        おすすめポイント
        製版代が不要。
        取扱い Tシャツがソコソコ豊富で選べます。

        注意ポイント
        印刷方法がインクジェットのみ。
        数量によって価格が設定されていますが、多いと価格が割高。

        3)紙媒体への印刷が得意だけど、様々なモノへの印刷を取扱う小規模印刷会社

        3枚の場合
        半袖 Tシャツ 5.6oz=5,700円
        10枚の場合
        半袖 Tシャツ 5.6oz=17,000円

        おすすめポイント
        なし。

        注意ポイント
        印刷方法がインクジェットのみ。
        Tシャツが 1種類しか選べない。また、ノンブランドの商品なので品質が不明。
        数量によって価格が設定されていますが、多いと価格が割高。

        4)先日見つけた Tシャツ専門の印刷会社

        3枚の場合
        半袖 Tシャツ 4.0oz(1,750円)×3=4,200円
        10枚の場合
        半袖 Tシャツ 4.0oz(1,750円)×10=17,500円

        おすすめポイント
        なし。

        注意ポイント
        印刷方法がインクジェットのみ。
        Tシャツが 1種類しか選べない。また、ノンブランドの商品なので品質が不明。
        数量は何枚でも単価が変わらないので、多いと価格が割高。

        比較してみた結果、今回見つけた(営業された)Tシャツ専門の印刷会社は出番少ないかも(汗
        サンプル的な用途でプリントTシャツが少量必要になったときには良いかも。

        プリント Tシャツを作る場合、Tシャツの種類(メーカー・色・サイズ・厚さ)や印刷方法、プリント数量によって価格は変わってきますので、用途なども検討して考えるとイイですよ。

        ノベルティとして無料でバラ撒く場合・イベントで数日しか使わない場合は、薄い生地のTシャツ(安価)で大量に作る会社もありますし、上品さや高級感を必要としていて販売目的の場合は、ブランド物の Tシャツ(比較的高価)で作る場合もあります。

        以前と違って、今は白色のプリント・オリジナルタグや袋詰などにも対応している会社も増えましたので、たいていのアイデアやデザインは形になりますよ。

        オリジナルでアパレル商品を作ってみたいかたは相談ください^^


        → プリント Tシャツなどアパレル商品や刺繍ワッペンの製作についてに戻る

        ココからが始まり!プリウスのラッピング検討イラストできた

        2016.03.14 Monday

        0
          トヨタ プリウスのイラスト

          先日、昨年新しくなった(現行型)トヨタ プリウスのイラストを用意しました。
          コレは社用車・営業車やプライベートで乗っている愛車などに、ロゴステッカーを貼ったり、ラッピングする際に検討できるように下絵として使うものです。

          カンタンにいうと『素のクルマのぬり絵状態』みたいなものかな^^

          カラーリングなど検討の依頼があれば、この下絵にご希望のロゴを配置したり、ボディカラーを変更して塗装・ラッピングした場合の画を描いたりするわけです。
          写真加工で済ませることもありますが、依頼のあった車種はたいてい描いているんです。
          そのほうがサイズがつかみやすいので。

          使用目的が主にカラーリング検討やステッカー製作なので、マーキングフィルムを切り出すのに関係なさそうな箇所(タイヤやホイールなど)はラフに仕上げています。
          (リアリティを出すために、お客さんが使っているタイヤとホイールを描く場合もありますが。)
          ボディーカラーは白にしています。

          最終目的(依頼)がイラスト製作なら、もっと緻密に描いたりしますよ。

          プリウスは 28デザインワークスでも過去にマーキングの施工経験があります。
          販売台数が多い車種なので、新型でも「何か依頼が来ると良いなぁ」と思っています^^
          依頼や相談があると、今回用意した下絵が活躍するわけです。

          そんなプリウスの下絵の初仕事は知り合いからでした。
          上記の画像のイラストは、海外のカーショップが製作したクルマ(Audi のワゴン)に施されたカラーリングを、プリウスに採用した場合の案になっています。

          「どうしてこのような形状なのか?」私には意図の分からない、幾何学的な模様でしたが、『印象に残ってたり、好きなカラーリングを自分の愛車に採用する場合』の検討イラストってトコです。

          こういうのって案外多いんですよ。
          「愛車にマルティニやガルフなど、レースやラリーで活躍しているマシンのカラーリングを施したらどうなるか?」とか「コンセプトカーのカラーリングにしたい」とか。

          まるっきりオリジナルのカラーリングを考えるわけではないので、28デザインワークスとしては少し難易度は低くなりますし、料金的にも多少やさしいです。

          上記の画像は、とりあえずベースのカラーリング状態の画で、白色のプリウスに、紺色とシルバーと赤色のマーキングフィルムで施工する提案になっています。

          ココからがデザイン検討のスタートで、ベースのカラーリングを修正したり、貼付け予定のロゴマークのサイズや貼る位置を決めたりします。
          今回の場合ですと「Aピラーから屋根にかけてブラックにしたらどうか?」とか提案・検討されています。

          施工が大変になったりすることもあるのですが、こういう風にデザインを考えてる時間って皆さん楽しいんですよね^^
          意見を出しあってオリジナルのクルマが完成しますし、愛着も湧くわけです。

          会社でもプライベートでも、ステッカーが欲しかったりラッピングしたくなったら、28デザインワークスに気軽にご相談ください。


          → 28デザインワークスのラッピング・マーキング・カラーリング提案についてに戻る

          穴が空いてもヘッチャラ!イームズ・ハーマンミラーなら直せるよ

          2016.02.23 Tuesday

          0
            お客様のアームシェルチェア

            28デザインワークスでは、イームズやハーマンミラー製でよく見かける『FRP製』のチェアの修理もしています。
            今月も結構なダメージを負ったチェアの修理をしたんですよ。
            割れた状態の修理が多いのですが、珍しく穴あきの修理をしたのでウェブサイトに記事として公開しました。

            → アームシェルチェアの穴あき修理

            シェルと脚との接合は、現行品のショックマウントを介するタイプではなく、雌ネジを切った金具を使うタイプでした。

            この金具が小さいため、シェルとの接着面積も小さいので強度が心配でした。
            シェルの厚みも現行品より薄いんじゃないかな?

            脚の取付に緩みがあるとガタつくのはモチロンですが、それをキッカケにシェルを壊してしまうことが多いのでは?と思います。

            ボルトを締めすぎると、シェルと金具の剥離につながりますし、首下の長いボルトを使うと座面に出てきますし、取扱いには注意が必要なチェアでしたよ。

            こういう不安が取り除かれて、改良されているのが現行品なんでしょうね。

            カーボンや FRP製の商品の修理に困ったらご相談ください^^


            → 28デザインワークスのカーボンコンポジット業務に戻る